昭和のプロレス入場テーマ曲〜1975-2000 ジャンボ鶴田 テーマ曲の変遷


PR


たびたび取り上げる昭和のプロレス入場テーマ曲について。今回は「ジャンボ鶴田 入場テーマ曲の変遷」をご紹介します。

過去、何度かご紹介した通り、ジャンボ鶴田選手は、日本人レスラーの入場テーマ曲使用の草分け的な存在です。

 


 

①「チャイニーズ・カンフー」

フランスのディスコ グループ「Banzaii」のデビューシングル「Chinese Kung Fu」。1975(昭和55)年のヒット曲です。

 

この曲で印象深いのは、なんといっても1977(昭和52)年8月25日、田園コロシアムで行われたUNヘビー級選手権試合 ジャンボ鶴田vsミル マスカラス戦プロレス大賞 年間最高試合「ベストバウト」を受賞したこの試合は、両者がテーマ曲に乗って入場してくる(当時としては画期的な)シーンから、プロレス新時代の幕開けを予感させました。

 

もう一つ、アブドーラ ザ ブッチャー/ゴジン カーン著「プロレスを10倍楽しく見る方法」(1982年)の中で「ツルタのテーマはチンドン屋みたいだ」と酷評されていたのを思い出します。

 


 

②「ローリング・ドリーマー」

唄:ジャンボ鶴田 作詞:喜多條忠 作曲/編曲:川口真

次に使用したのがこの曲。上のYouTubeは蔵前国技館、リック フレアーとのNWA世界戦で満場のツ・ル・タ コール入り!

赤と青の星入りパンツ、「若大将」時代のラテン ディスコ調の名曲です。

 

当時、ジャケット違いでインスト版と歌ありの2種類のEPレコードが発売されていましたが、入場テーマはダブルアーム スープレックスがジャケットのインスト版。懸命な措置です(笑)。

 

ジャンボ鶴田は「唄うプロレスラー」。当時、ギター弾いて唄うリサイタルまで開催していました。B面に収録は鶴田 作詞/作曲のフォークソング「サヨナラは言わないで」。まさに戦う剛田武!

 

歌ありの方、朴訥としたジャンボの歌唱はさておき、なかなかの名曲なのです。なんと作詞は「神田川」の喜多條忠さんです。

出会いの数だけ 別れがあると
わかっているのに 恋をする

 


 

③「T.T.バックドロップ」

ギタリスト小川銀次さんによるフュージョンロック調のカッコいい曲、なのですが…

なぜか1983年8月31日、蔵前国技館、テリーファンク引退試合のセミで行われた、インターナショナル ヘビー級選手権 vsブルーザー ブロディ戦のみでの使用となりました。

 

定着しなかった理由は不明ですが、イントロが長すぎ、メロディ ラインが覚えにくいため…?もしかすると本人が気に入らなかったのかも、ですね。タイトルのT.T.もナゾですが…鶴田友美?


 

④「J」

 

おそらく最も有名なのがこちら。1983年12月頃から、鶴龍対決〜三冠統一〜三沢ら超世代軍と戦い「怪物」と呼ばれ、引退まで使用されました。

 

作曲は「海のトリトン」の鈴木宏昌氏。そして演奏は「今夜は最高!」にも出演していた“日本最強のフュージョン バンド” The Players(鈴木宏昌、松木恒秀、岡沢章、渡嘉敷祐一、山口真文)

 

この曲は複数のバージョンがあり、ややこしいことで知られています。

1983年6月、VAPから発売の「MAIN EVENT」に“ジャンボ鶴田ニューテーマ”として収録され、以降はこのバージョンが会場でも使用された公式音源…なのですが、それ以前に会場、TV中継で使用されたものと違うのです。

 

最初期に使用されたオリジナル バージョンは言わば「プロトタイプ」。シンプルな音の作りでキレがあります。

 

VAPから発売されたものは、リヴァーブがやや深めで、「VAP」版と呼ばれます。

 

マニアの間では「J」には2パターンある事は有名でしたが、1992年、鶴田選手が肝炎にかかり、スポット参戦を余儀なくされた現役後期に、再び初期オリジナル バージョンが使用され「やっぱり初期の方がいい」と、再び注目が集まりました。

 

その後、幻のオリジナル バージョンはVAP『プロレス・格闘技秘蔵曲コレクション「J」~プロ・格 探偵団 / 格闘技』に(未発表音源)として収録され、初CD化されました。

 

2000年、突然の逝去の際には追悼番組で「スロー バージョン」が流れました。馬場に鶴田に三沢…全日本プロレスのエースは早世過ぎますね。

 


 

●おまけ~「J」 jazzバージョン

 

2012年、Warner Music Japanから発売された「wrestle jazz」に収録の「J」Jazzバージョンです。

このアルバムには、ほかに「炎のファイター」「王者の魂」「ドラゴンスープレックス」「パワーホール」「サンダーストーム」のjazzバージョンが収録されています。おススメです。

 

関連記事:

・「プロレス 入場テーマ曲」の世界~特別対談企画【前編】昭和プロレス 入場テーマ曲コレクション話

・「プロレス 入場テーマ曲」の世界~特別対談企画【後編】昭和プロレス 入場テーマ曲ベストテン!

・「昭和のプロレス レコード」〜80年代プロレスLPの世界

・テレビ朝日「ワールドプロレスリング」番組テーマ曲の歴史~1973,1979,1982,1989

 


ID:4153


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です