「ドロロン えん魔くん」~1973 永井豪とダイナミックプロの妖怪アニメ

※当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。

この国では定期的に「妖怪モノ」が人気を博します。←BOSSのCM調

近年では「妖怪ウォッチ」、そしてその始祖といえばなんといっても水木しげる先生作の「ゲゲゲの鬼太郎」(なんでも妖怪ウォッチの新作映画に鬼太郎が登場するとか話題になってましたね)。

 


 

今回はリクエストにお応えして「ドロロン えん魔くん」です。

 

おそらくは東映動画から「先生、今度はぜひゲゲゲの鬼太郎のようなヤツをひとつ!」と、まったくもって身も蓋もないリクエストを受けたであろう、永井豪とダイナミックプロ原作の漫画&テレビアニメ番組です。

 

1973年10月4日〜1974年3月28日
フジテレビ系列 毎週木曜日19時00分〜19時30分
全25話放送

 


 

70年代の東京を舞台に、小学生の男の子と友だちになった閻魔大王の甥っ子である(息子じゃないのね)えん魔くんが、地獄の掟を破り人間界に出没する不良妖怪を退治する物語です。

 

えん魔くんの相棒に帽子のシャポー爺(鬼太郎の目玉おやじの役回り)、名門雪女家の雪子姫(ツンデレ クールビューティ)、情報屋のカパエル(カッパ)がいます。


 

中でも雪子姫は永井豪先生らしい気が強いがミニスカ着物姿でエロさが素晴らしく(しかもノーパン)、当時の小学生男子はメロメロでした。いまなら薄い本が出まくりです。

 

えん魔くん自身も男の子なのになぜかミニスカみたいな衣装でパンチラしたり、時折デビルマン的なシリアスな敵が登場したり、と至る所に永井豪先生らしさが散りばめられ、それが鬼太郎との差別化ポイントでもありました。

 

辻真先 大先生を筆頭とする脚本家の手によるストーリーは、当時の世相を反映して公害問題や文明批判を絡め、ギャグやエロの娯楽作としての痛快さだけでなく社会派の重みが交わる傑作です。

 


 

なんと言っても記憶に残るのはその主題歌。

のちの「じゃりん子チエ」でお馴染みの坂本千夏さんの唄う「どろろん おどろん でろでろばぁ」というフレーズ、聴いたことある人も多いと思います(ほとんどの人がどろろん どろろん と間違えて覚えているのもポイント)。

シタールから始まるイントロが実に禍々しくて素晴らしい。

YouTube

▲「どろろんえん魔くん」作詞:中山 千夏さん/作曲:小林 亜星さん

オープニングでタイトルコールをしてるのはえん魔くん役の野沢雅子さんです。


 

▼エンディングも作詞:中山 千夏さん、作曲:小林 亜星さんコンビの「妖怪にご用心」

YouTube

へーんな感じがしませんか
君の見ているこのテレビ
妖怪ぽくはないですか?

 

怪しいビジュアルと共に、なんだか怖くなるけどクセになる、名曲です。個人的には「はじめ人間ギャートルズ」「ガンバの大冒険」と並ぶ70年代アニメ エンディング名曲の一つです。

 

昔のアニメのエンディングは、しっとり寂しく「あぁ終わってしまった…」と哀しく余韻が残る、名曲が多かったですね。いまのテレビは主題歌はタイアップだし、エンディングは雑に扱われるし、実に嘆かわしいですね・・・この話はまた別枠で。

 


 

この「どろろんえん魔くん」、2010年に突如「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」としてリメイクされました。

深夜にたまたまテレビで見た私はなんでまたコレを…と笑ってしまいましたが、えん魔くんを覚えてる人がそんなにいるんだ、となんだか嬉しかったり。

妖怪、というのは時代が変わっても、人を惹きつける魅力があるテーマなのでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました