「宇宙戦艦ヤマト」と西崎義展氏③赤坂のデスラー


PR


■ヤマトの原作者は 松本零士さんではなく 西崎義展さんという「怪人」!

 

「宇宙戦艦ヤマト」の原作は松本零士さん、というのが日本人の常識ですが、実は違います。

現在の原作者は裁判沙汰の結果、西崎義展氏(故人)となっています。

 

この人は何者かというとアニメ界最初で最後の「個人プロデューサー」です。

膨大な人手がかかるアニメ制作の莫大な資金を1人で背負い、カネも出すから口も出す、会議が長くて作画できないと安彦良和氏も逃げ出すほどのこだわりで、超めんどくさい人だった、というよりズバリ言ってキ●ガイです(褒め言葉)

 

松本零士氏を美術設定デザインに起用したのもこの人です。メカニックからなにから作り直した松本零士は「監督」としてクレジットされていますが、実際の演出は後の「超時空要塞マクロス」で知られる石黒昇氏でした。

 


 

この西崎義則という人の経歴は、

母方の祖母は海軍大将、父の妹は西崎流の家元・西崎緑。後に因縁のある石原慎太郎氏さえうらやむ名家の西崎は東大進学に挫折して父から勘当される

その後ジャズ喫茶の司会から音楽制作プロデューサーとなり、オフィス・アカデミーを設立して創価学会系の民音(民主音楽協会)のイベントで儲けるが、借金を作りすぎて海外に逃亡

再び日本に戻って来るや手塚治虫のマネージャーとなり、関連会社の虫プロ商事で『ふしぎなメルモ』のアニメ化などに辣腕を振るう

強引なやり方で人心は離れた上に、虫プロ商事の経営立て直しも失敗。手塚先生から『海のトリトン』の権利を引っぺがすようにアニメ化し、作品を任された富野監督もしばらく手塚先生と疎遠になるトバッチリを食らわせる。

と、ヤマトに至らないここまでだけでも、すでに波乱万丈です。

 


 

この方の生涯はこの書籍に詳しいのですが、とにかく面白いので読んでみてください。

目立ちたがりで大ぼら吹き、口八丁手八丁、カネに汚くこの宇宙戦艦ヤマトで一攫千金を当てると銀座で豪遊、ハーレーダビッドソンを20台も買い、女ったらしでマンションに愛人を多数囲い自称「赤坂のデスラー」…マンションは2フロア購入して天井ブチ抜いて螺旋階段付けるというレベルの総統陛下なワケですよ!

ヤマトの諸君…

とにかくヤマトに取り憑かれて、劇場版『さらば』で超巨大戦艦に特攻させて「もう、二度と姿を現すことはありません」とテロップを流しておいてそのテレビ版である『宇宙戦艦ヤマト2』で結末を改変して主人公達を生き残らせ、ファンを激怒させたのはこの人なのです。

 


 

晩年、石原慎太郎閣下を巻き込んでの銃刀法不法所持やら覚醒剤で逮捕服役を繰り返し、松本零士と原作権を争って法廷沙汰、それでも出所後に復活して「宇宙戦艦ヤマト 復活編」を制作、公開し、最期は小笠原諸島で所有クルーザーで非業の事故死を遂げました。

 

▼評伝『宇宙戦艦ヤマト』をつくった男 西崎義展の狂気」 
https://www.musicman-net.com/focus/63650

 

興味深い一節が↓

「普通の人だったら、例えば、老後のこととか考えますよね。あるいは自分の家族にどうやって財産を残すかみたいなね。でも、おそらく西崎氏の中にはその考え方はなかった。彼は「強欲だ」とか「金に汚い」とか言われましたが、少なくとも自分で金を貯め込もうとは思っていないんですね。つまり、何かやるためには絶対金がいるし、他人から見れば無駄な浪費というのも、女性関係を含めて「俺が豊かな気持ちで過ごしていない限り、良い作品は出来ないんだ」と。そういう思考なんですよ(笑)。」

 


 

<オススメBlog>

岡田斗司夫氏が庵野秀明氏と一緒に西崎義展氏に呼び出された話
http://lee2424.tumblr.com/…/%E8%A5%BF%E5%B4%8E%E7…/amp

西崎氏の獄中手記やら設定資料やらアーカイブ
http://web.archive.org/…/homepage3…/newyamato/index.html


ID:66


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です