「東映まんがまつり」vs「東宝チャンピオンまつり」〜夢のオールスター戦!

※当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。

ID:874

その昔、「アニメ」はまだ一般的な言葉ではなく、「テレビまんが」と呼ばれていた時代がありました。

それもアニメだけでなく、実写ものも含めて、「子ども向け番組」=「テレビまんが」というザックリした括りでした。

そして、60〜70年代の子ども達のお楽しみといえば、「東映まんがまつり」と、「東宝チャンピオンまつり」の二大オールスター戦です!

 


◆東映まんがまつり

1964年(昭和39年)「まんが大行進」、1967年(昭和42年)〜「東映こどもまつり」「東映まんがパレード」「東映ちびっ子まつり」と名称を変え、1969年(昭和44年)からは「東映まんがまつり」に固定されたそうです。

基本的に春休みと夏休みの年2回、東映のオールスター興行です。

その年々で人気のあるタイガーマスク、サイボーグ009、オバケのQ太郎、ひみつのアッコちゃん、ムーミンなどのアニメと、仮面の忍者赤影、仮面ライダー、スペクトルマン、バロム1など時折、東映作品以外の特撮もののTV再編集版と併せて、

 

69年 (春)長靴をはいた猫/(夏)空飛ぶゆうれい船

70年 (春)ちびっ子レミと名犬カピ/(夏)海底3万マイル

71年(春)どうぶつ宝島/(夏)アリババと40匹の盗賊

72年(春)ながぐつ三銃士

といったオリジナル長編が一度に観られる、テレビまんがのお子さまランチ的な豪華なラインナップです。

 

さらには、

・サイボーグ009や仮面ライダーなど人気作品のオリジナル劇場版

・マジンガーZvsデビルマン、グレートマジンガーvsゲッターロボなどの夢の対決

・飛び出す!キカイダー/イナズマンなどの立体映画(赤緑セロハンメガネ装着)

 

などの特別企画もふんだんに盛り込まれ、休みにどこか連れてけ、とせがまれる親からしたら、一日映画館で我慢すれば子ども達は大人しくしてるという、救いの神でもありました。(観客席で泥のように熟睡する親が多く見られました)

私はライバルである「東宝チャンピオンまつり」派でしたので、残念ながら「東映まんがまつり」を映画館で観た記憶はほとんどないのですが、この年の作品だけは記憶にあります。

1976年3月20日公開

長靴をはいた猫 80日間世界一周
ロボコンの大冒険
UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー
秘密戦隊ゴレンジャー 真赤な猛進撃!
一休さん

この「東映まんがまつり」はなんだかんだで90年まで続き、後の「仮面ライダー」「スーパー戦隊」劇場版などに引き継がれていきました。

 


 

1969年、これに対抗すべく、東宝が春、夏、冬休みに行うオールスター興行シリーズとしてスタートさせたのが

◆東宝チャンピオンまつり

です。

こちらは東宝のカンバンであるゴジラ映画(リバイバルやたまに新作)に、ウルトラマンシリーズ、東京ムービーやタツノコプロ作品のアニメ、まれにスポーツ映画やアイドル映画を加えたラインナップでした。

 

邦画斜陽の時代に「低予算であっても、とにかくゴジラ映画を残したい」との一念で東宝プロデューサーの田中友幸氏が企画したそうです。

 

当初は「怪獣のチャンピオンであるゴジラ、男の子向けアニメのチャンピオンである巨人の星、女の子向けアニメのチャンピオンであるアタックNo.1を一緒に東宝で公開する」というコンセプトだったそうで、当時人気だった「スポ根もの」を多く取り入れています。

 

こちらは、

1977年3月19日公開
キングコング対ゴジラ(短縮再編集版リバイバル)
巨人軍物語 進め!!栄光へ
円盤戦争バンキッド
ヤッターマン
まんが日本昔ばなし 桃太郎

を観に行きました。

 

我が家に当時のパンフレットがありますが、キンゴジ対決に若き日の長島、王、張本(実写です)、ヤッターマンにバンキッド(奥田瑛二さんデビュー作)そして桃太郎、という、めちゃくちゃなカード編成で笑えます。

劇場では「ヤッターマン」の主題歌を大合唱する客席のノリに、完璧に引いた事を覚えています(笑)。

▲右は兄貴の時代の東映まんがまつりパンフ。渋いです。

 

特筆すべきは、その前年1976年3月13日公開のラインナップ。この年は何故かディズニー特集で、

ピーター・パン
ドナルド・ダックのライオン大騒動
チップとディールの怪獣をやっつけろ!
ミッキーマウスのがんばれ!サーカス
ドナルド・ダックの人喰いザメ

と、ここまではよいのですが併映が

元祖天才バカボン
勇者ライディーン
タイムボカン

ディズニーとバカボンを一緒にするとは、無茶な事しますね、いまでは考えられません(笑)。

 

この「東宝チャンピオンまつり」は78年をもって終了し、その後、「ルパン3世 劇場版」そして、いまに続く「ドラえもん長編映画」シリーズに続いていくのでした。

 


 

いまでは「ドラえもん」「アンパンマン」「名探偵コナン」「クレヨンしんちゃん」「妖怪ウォッチ」「プリキュア」「仮面ライダー」「スーパー戦隊」「ウルトラマン」などなど、それぞれ個別に劇場版がシリーズ化、上映されてますよね。

 

子どもや親の好みも細分化し、DVDや専門チャンネル、さらにはネット配信も普及した時代、「いろんなのが一度に観られる」という「まんがまつり」コンセプトはもはや、流行らないのでしょうか。でも、当時の「夢のオールスター戦」的なワクワク感は特別でした。「観た事なかったけど好きになった」というクロスセル的な“おまつり”が、年に一度くらいあってもいい気がしますね。

 


ちなみに往年の「東映まんがまつり」のオリジナル長編作品は、Amazonプライム・ビデオで観ることができます!
クオリティが高く、いま見ても充分楽しめます。小さなお子さんのいる方はご覧あれ。

 

*丸ごと復刻版のDVDシリーズも発売されています。

「東映まんがまつり」特集 | 東映ビデオ株式会社
「東映まんがまつり」公式HP中野×杉並×豊島アニメ・マンガフェス2019 in 中野 開催決定! INTRODUCTION1967年から始まった、夏休みなどの長期休みに公開された東映の子供向けオムニバス映画「東映まんがまつり」。アニメ作品だけでなく、実写映画や特撮など様々なジャンルの作品が上映され、人気キャラクターが一...

コメント

タイトルとURLをコピーしました