「堀江美都子」~1977- アニソンの女王 / NHK チコちゃんに叱られる のあの曲も・・・


PR


「アニメソングの女王」の異名をとり、ささきいさおさん、水木一郎さん、大杉久美子さんと共に、「アニソン四天王」と呼ばれている堀江美都子さん

堀江さんは1957(昭和32)年生まれ、1966(昭和41)年、9歳で「日清ちびっこのどじまん」に出場し準優勝、その後テレビ局系列の合唱団を経て、1969(昭和44)年に「紅三四郎」でコロムビアレコードよりアニメ歌手としてデビューしました。

 

1977(昭和52)年、20歳時に「キャンディ・キャンディ」の主題歌シングルが100万枚以上、アルバムも30万枚以上のビッグヒットを記録。

 

当時のアニメソングは、レコード会社では童謡などと同じ学芸部で扱われていたが、このメガヒットを契機に、他のレコード会社でもアニメソング専門部署が発足。日本コロムビアのアニソン歌手第一号であり、アニメ歌手が声優を演じ、アイドル的な人気を博すという今日のプロトタイプになったのが堀江美都子さんでした。そのため日本コロムビア社内では「堀江美都子は美空ひばりの次に偉い人」として扱われているのだとか。

「多い時は1週間に10曲くらい自分が歌ったアニメ主題歌がテレビで流れていた」ほどの超売れっ子でした。

 

1978(昭和53)年、フィリピンで「ボルテスV」が大ヒット。フィリピンでのライブでは走行する道路の信号がすべて青信号になるなど、国賓並みの待遇を受けたそうです。
関連記事はコチラ:海外で人気の昭和アニメ・特撮

 


 

堀江美都子さんの数多い作品の中から、特に有名な楽曲をご紹介します。

 

アクビ娘の歌(ハクション大魔王 ED)

 

サザエさんのうた/あかるいサザエさん(サザエさん 火曜版主題歌・ED)

 

魔法のマコちゃん/ボクはマコについてゆく(魔法のマコちゃん 主題歌・ED)

 

けろっこデメタン/まけるなデメタン(けろっこデメタン 主題歌・ED)

 

緑の陽だまり/ロッキーとポリー(山ねずみロッキーチャック 主題歌・ED)

 

ぼくらきょうだいてんとう虫/ひよこでしゅら(てんとう虫の歌 主題歌・ED)

 

たたかえ!ガ・キーン/猛と舞のうた(マグネロボ ガ・キーン 主題歌・ED 共に水木一郎とのデュエット)

 

キャンディ・キャンディ/あしたがすき(キャンディ・キャンディ 主題歌・ED)

 

ボルテスVの歌(超電磁マシーン ボルテスV 主題歌)

 

花の子ルンルン(花の子ルンルン 主題歌)

 

進め! ゴレンジャー(秘密戦隊ゴレンジャー 主題歌、ささきいさおとのデュエット)

 

走れジョリィ/ふたりで半分こ(名犬ジョリィ主題歌・ED)
*話題のNHK「チコちゃんに叱られる」のOPはこの曲です!

 

野球狂の詩/勇気のテーマ(野球狂の詩 主題歌・ED)

 

などなど・・・。

 

女性ボーカルでロボットアニメの主題歌を歌うってめずらしいですよね。

 

堀江さんの魅力は、とにかく「声が健康的」。「健全な唄声」と言ってもいいかもです。代表作の「キャンディキャンディ」はあまりに作品とシンクロし過ぎて、イメージが付きすぎてその後苦労した、と語っておられます。

 

いずれも、もはや堀江さんの歌声なしではありえない気がします。
60歳を超えても見た目にずっと変わらないお姿が驚異的です。

 

 

【関連記事】

「子門真人」~1971-1993 消えたアニソン界の盟主
「ささきいさお」~1960- アニソン界の皇帝
「水木一郎」~1968- アニソンの帝王・アニキ

アニソン・特撮主題歌の巨匠①「菊池俊輔」
アニソン・特撮主題歌の巨匠②「渡辺宙明」
アニソン・特撮主題歌の巨匠③「冬木透」


ID:3299


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です