ブーム直撃世代から見た「機動戦士ガンダム」~③音楽編

※当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。

①ガンプラ狂奏曲編

②TVアニメ編 の続きです!

 


 

スポンサーリンク

●音楽からみた1st.ガンダム

 

テレビアニメ放映開始の1979年4月からまもなく、6月にキングレコードから発売されたサントラ盤「機動戦士ガンダム」

私も速攻で買って、プラモデル作りながら文字通り擦り切れるほど聴きました。

収録曲は、

* 翔べ!ガンダム
* 悲愴、そして決然と
* 長い眠り
* 慈しみ
* 安堵
* ガンダム大地に立つ
* 颯爽たるシャア
* 勇壮なるガンダム
* 虚無感
* ジオンの脅威
* 戦いへの恐怖
* スペースコロニー
* サスペンス
* ジオン公国の陰謀
* 不安
* 敵地をスパイする
* 窮地に立つガンダム
* 苦い勝利
* 平和への祈り
* アムロの旅立ち
* 永遠にアムロ

主題歌とエンディング、劇中BGMがほぼコンプリートされているまごうことなき正規版で、満足度は100点でした。

が、ジャケットのガンダムが…アンテナ黄色いしビームライフルはニセモノだし…どういう事なんでしょう。もしかしたら全然別の人が唄ってるパチモンではないか、と思いますよ。当時のアニメサントラ盤なんて、この程度のモノだった、ということなんでしょうかね。

 

アニメのサントラ盤、というのがヒットしたのもこれまた宇宙戦艦ヤマトあたりが走りではないかと思いますが、ここまでオリジナルBGMをフルに1曲ずつ収録してあるのは当時としては珍しかったです。(それくらい当時のアニメのサントラ盤なんて雑なものが多かった)

 

なんでもガンダムは放映当初からテレビ用のモノラル音源とレコード用のステレオ音源にトラックダウンされていたそうです。

 

こないだ久々に聴いてみましたが、いま聴いても色褪せない名曲揃いで、放映当初ここまでの歴史的大作になるとは期待されていなかったと思うのに、なんだか不思議なのです。

 

そしてさらに、放映開始とこのアルバムの発売時期からして作品はまだ途中段階だったハズなのに、見事に作風を捉えた完成度の高い楽曲を構築したのは奇跡的、というか、作曲の渡辺岳夫さんと作編曲の松山祐士さんの音楽家としての腕の確かさには感服します。

 

渡辺岳夫、通称ナベタケさんは「巨人の星」「アルプスの少女ハイジ」「キャンディ・キャンディ」や「白い巨塔」(当然、田宮二郎版)などを手がけた方で、松山祐士さんはこれらの作品でナベタケさんと長く仕事をしてこられた方です。

 

そしてなんといっても思い出深い、オープニング主題歌「翔べ!ガンダム」。

 

いま改めて観るとなんかみんなで走ってきたり手を伸ばしたり、ちょっと笑ってしまう構成ですし、「巨大な敵を撃て」とか「正義」とか「燃え上がれ」「甦れ」とかいささか作風とは微妙なズレを感じてしまうのですが、やはりこれを聴くと当時の記憶とドキドキが甦ります。

 

エンディングは一転してバラードの「永遠にアムロ」←このタイトル。

当時のアニメはエンディングはしっとり暗く終わるのが定番でした。

 

いずれも唄っているのは池田鴻さんという方で、これだけの超人気作品なのに本人が唄ってるところを見た事がないという謎の人です。調べてみたら劇団俳優出身で1988年に48歳の若さでお亡くなりになっていました。(ほかの代表作がバトルホークとグロイザーXというのがスゴい)

 

このガンダムに関しては劇場版でやしきたかじん氏や井上大輔氏(もはやいずれも故人か…)などによる「砂の十字架」「哀戦士」「めぐりあい」などの名曲が次々生まれ、本作の主題歌はあまり語られなくなったのはこれも当時としては珍しいパターンでした。

機動戦士ガンダム(ファースト)作業用BGM 1/2 GUNDUM( FIRST)(1979年)

 

④「TV打ち切りとプラモ化の謎」編 へ続きます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました