杉山清貴、カルロストシキとオメガトライブの謎~1983-1986 80年代の夏を彩った不思議なグループ

※当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。

ID:10191

80年代、TVベストテン番組の常連、「夏」イメージのバンドが、いくつもありました。サザンオールスターズ、TUBE…そしてもう一つが、今回の主役、「杉山清貴&オメガトライブ」です。

 

今回は、私の長年の謎であった「杉山清貴(カルロストシキ)とオメガトライブとは何だったのか?」についてご紹介します。

 


スポンサーリンク

●当時中学生の私が感じた彼らの「違和感」

 

このバンド、当時から「立ち位置」が謎でした。妙にクオリティの高い楽曲とアレンジの完成度。そしてTVの歌番組で観る限りですが演奏テクニックも高そう。ただ、ほかのバンドと「何かが違う」のです。

 

当時はいまでいう「フェス」などもまだ少なく、各自で「コンサートツアー」をやっていた時代。彼らはたぶん人気もあり、動員もあるんでしょうけど「いったいどの層がファンなのかがわからない」感じがありました。

 

失礼ながら目立ったルックスのメンバーがいる訳でもなく、“熱狂的なファン“に会ったこともありません。その辺がサザンや安全地帯、アルフィーとかとは明らかに違う印象でした。

 

当時中学生だった私からすると「女子大学生とか若いOLとかが『流行ってるから、オシャレだから聴いてる』類の音楽」という雰囲気がありました。

 

そしてなにより。彼ら自身から「一緒に演奏してて楽しそう」「あぁこの人たち音楽が好きなんだな」という、普通のバンドにあたりまえにある、そういう感じがしないのです。どこか常によそよそしく、なんだか淡々と演奏しているだけ、的な…。

 

なので私は当時「たぶんこのバンドは杉山清貴というソロボーカリストを売り出すのが目的で、実態はスタジオミュージシャンによるバックメンバーによる寄せ集めなのだろう」と理解してました。

 

ところが、衝撃的な出来事がありました。よりによってその杉山清貴さんが脱退して、代わりにカルトストシキという、カタコトの日本語を話す青年がフロントに立ったのです。海外ならいざしらず、日本のバンドでフロントマンが代わることは異例です。桑田佳祐さんのいないサザンとか、桜井和寿さんのいないミスチルとか、想像できませんよね。当時のほとんどの人の認識は杉山清貴=オメガトライブ、だったので尚更、意味が分かりませんでした。

 

なのでこの時、私は「杉山清貴さんが抜けた腹いせに、ボーカルなんて誰でもいいんだとばかりに事務所が首をすげ替え、バンドを続行することにしたのか?」とか想像してました。

 

ところが調べてみると、全然想像と違いました。というか、「なるほど、だからか」って感じがしました。

 


 

●オメガトライブは「バンド」じゃなかった

 

結論から言うと「オメガトライブはバンドではなく、プロジェクト名」なのだそうです。

 

「オメガトライブ」とは芸能事務所「トライアングルプロダクション」を率いるプロデューサー藤田浩一のもと、作曲家の林哲司さん、和泉常寛さん、アレンジャー新川博さんなどの制作陣を中心としたプロジェクトの総称。

 

レコーディングはバックコーラスも含めてプロのスタジオミュージシャンが演奏し、ボーカルの杉山清貴さん以外のメンバーは、レコーディングには関わっていない、のだとか。

 

そして私の想像と違い、彼らは元々、大学時代に結成されたアマチュアバンド「きゅうてぃぱんちょす」のメンバーでした。1980(昭和50)年の第19回ヤマハポピュラーソングコンテストにも入賞しています。

 

彼らは、プロデビューにあたって「これらの条件を飲んだ」ということなのでしょう。だから彼らの役割は、スタジオミュージシャンの演奏をなぞってTV番組に出演する、という「オメガトライブを演じる人たち」だったのです。

 

いやぁ、今さらながらなかなかの衝撃です。アイドルバンドと呼ばれるC-C-Bだってチェッカーズ だって、最初こそ同じようなことをやらされましたが、徐々に自分達の音楽をやれるようになりました。ですがこの「オメガトライブ」はそんな権利はまったく与えられていなかった、ってことですもんね、そりゃあんな感じになるわ・・・。

 

ただ、それが悪いのか、と言えばなんとも言えません。その分、オメガトライブの楽曲のクオリティは異様に高いのです。

 

まったくもってファンではない私でさえ、Spotifyとかで久々に聴くとよく覚えてますし、ヘタしたら唄えます。40年近く前の曲ですよ。コレってスゴイことです。

 

そしてこの歳になって改めて楽曲を聴くと、コード進行にアレンジ、演奏テクニックがスゴイんですよね。売れっ子の作家が書いてスタジオミュージシャンが演奏してるんだから、あたりまえっちゃあそうなんですが(笑)

 

ともかくコレで、ずっと彼らから感じていた「違和感」の謎がようやく解けました。

 


●とにかく「夏」「海」「恋愛」そして「クルマ」

 

オメガトライブのコンセプトは「夏」「海」のリゾート感での「恋愛」、そして「クルマ」です。

 

1st.シングル「SUMMER SUSPICION」(1983.4)

杉山清貴&オメガトライブ サマー・サスピション

▲1983年3月27日に日本武道館で行われた第12回東京音楽祭の出演映像です。個人的には大サビの「気が~狂い~そうさ~」がツボ。

 

3rd.シングル「君のハートはマリンブルー」(1984.1)

杉山清貴&オメガトライブ 君のハートはマリンブルー

▲夜ヒット出演映像。初期はグラサンしてなかったのですね。

 

5th.シングル「ふたりの夏物語」(1985.3)

ふたりの夏物語 杉山清貴&オメガトライブ
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

▲日本航空 JALPAK のCMソングで、彼らの最大のヒット曲(38万枚)。TBS「ザ・ベストテン」’85 年間ランキング第2位、日本テレビ「ザ・トップテン」年間ランキング第3位。

 

今回調べて思わず笑ってしまいましたが、これらの楽曲のリリースは、それぞれ4月、1月、3月と「まったく夏ではない」のです。それでも彼らは1年を通して徹底して「夏」の「海」の「恋愛」模様を貫き通しました(さすがに1月発売の「君のハートは~」は季節は「夏」じゃありませんが)。

 

そしてハンドル、ダッシュボード、フロントガラスなど、イチイチ「クルマ」が登場するあたりに、この80年代の「時代の空気感」を感じるんですよね。まさに、わたせせいぞうの「ハートカクテル」の世界です。

 

そう考えてみれば、オメガトライブとは「ハートカクテル」を「AOR:(日本でいえば70年代後半から1980年代にミュージックシーンを席巻した)シティポップ調」で楽曲化した世界観、と言えるかもしれません。

 


 

●作曲:林哲司/作詞:康珍化コンビ

 

「杉山清貴&オメガトライブ」の作曲を担当していたのは林哲司さん。林さんはヤマハ音楽スクール出身のシンガーソングライターで、80年代から作曲家・編曲家として活躍。このオメガトライブと同じ事務所に所属する菊池桃子さんのデビュー以来の一連の楽曲を手掛けていました。

 

作詞家の康珍化(かん ちんふぁ)さんは、山下久美子「バスルームから愛をこめて」、小泉今日子「まっ赤な女の子」、高橋真梨子「桃色吐息」など多くのヒットソングを手掛けた、当時を代表する希代のヒットメーカー。

 

この林哲司&康珍化コンビのヒット曲には上田正樹「悲しい色やね」、杏里「悲しみが止まらない」、中森明菜「北ウイング」、原田知世「愛情物語」などがあります。

 

●解散~そしてカルロストシキで新生オメガトライブへ

 

さすがにこの「オメガトライブを演じるプロジェクト」にメンバーが疲弊してしまい、メンバーの総意として1985年いっぱいでの解散をプロデューサー兼社長でもある藤田氏に報告。杉山清貴&オメガトライブは1985年12月24日で解散となりました。

 

ところが、このプロジェクトは終わりません。メインボーカルを日系ブラジル陣のカルロストシキさんに交代させ、「1986オメガトライブ」として再出発します。

 

プロデューサーはもちろん藤田浩一さん、サウンドプロデュース&アレンジの新川博さんは変わりません。ただし作家陣は新たに作詞家は売野雅勇さん、有川正沙子さん、作曲家は和泉常寛さんが担当。メンバーでは、ギタリストとキーボードは前オメガのメンバーでした。

 

私は当時「それはさすがに、いくらなんでも」と思いました。よく知らないけど杉山清貴さんのファンはどう思うの?反発するんじゃ?そもそも誰だよオマエ・・・(笑)ところが、予想に反して

 

1st.シングル「君は1000%」(1986.5リリース、オリコン6位)

1986年 君は1000% カルロストシキ オメガトライブ

2nd.シングル「Super Chance」(1986.8リリース、オリコン2位)

1986 OMEGA TRIBE/Super Chance

3rd.シングル「Cosmic Love」(1986.10リリース、オリコン3位)

1986オメガトライブ「Cosmic Love」

…と、ヒット曲を連発。

 

私は当時、正直「なんで売れるの?(誰が買っているの?)」と不思議でしょうがなかったのですが…カルロスの純朴なキャラがカワイイ、というお姉さま方が買っていたのでしょうか…

 

いまにして思えば、楽曲のクオリティのなせる業なのでしょうね。。。

 

この時期からTV歌番組も次々と消滅し、彼らをTVで観る機会もなくなりました。その後、「カルロストシキ&オメガトライブ」として、1990年まで活動していたのだそうです。

コメント

  1. 福井直昭 より:

    私は、その出会われたことのないファンでした笑 「熱狂的」かといわれると否定せねばいけませんが、解散コンサートにも行きました。杉山清貴さんのボーカル力とお書きになった楽曲、サウンド力に惹かれてましたね。去年そのコンサートのDVDも購入し、結構見てます。なんとなく流しておくのに、ちょうどよい。
    「きーが狂いそうさぁー!」大好き笑

    • MIYA TERU より:

      コメントありがとうございます!なんと、こんな身近に熱狂的ファンが!(笑)解散コンサート、Webに記事が見あたらず、どんな感じだったのかぜひ教えてください!(笑)
      「なんとなく流しておくのに、ちょうどいい」まさしく、ですね。私もコレ書いて以来、Spotifyでハマってます(笑)

タイトルとURLをコピーしました