テレビ朝日「ワールドプロレスリング」番組テーマ曲の歴史~1973,1979,1982,1989

※当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。

現在も放送され続けている唯一の地上波TVプロレス中継番組「ワールドプロレスリング」(テレビ朝日系列)。今回は同番組のオープニングテーマ曲の歴史を振り返ります。

 


 

■「ワールドプロレスリング」の歴史

 

1969年7月~1973年3月の番組当初は「日本プロレス」の中継番組として、日本テレビが独占するジャイアント馬場に次ぐ準エースの”若獅子”アントニオ猪木の試合を中心に放送。

その後、1973年4月6日から「新日本プロレス」の中継番組となり、2018年には45周年となる超・長寿番組です。

(1953年の開局以来「日本プロレス」~「全日本プロレス」~「プロレスリング・ノア」と長くプロレスを中継してきた日本テレビは、2009年3月末を持って地上波でのプロレス中継から撤退しました)

 


 

■「ワールドプロレスリング」オープニングテーマ曲の変遷

 

放送開始から45年も経過する長寿番組だけに、オープニングテーマ曲もさまざま変遷がありました。時代時代で思い入れのある楽曲が(世代により)異なります。

 

▼初代テーマ曲『ワールド・プロレスリング オリジナル・テーマ』(1973~1979年)

NET〜テレビ朝日ワールドプロレスリング新日版1

番組創成期の初代オープニング。作曲:青山一郎さん、いかにも、な勇壮な行進曲です。当時は小松製作所がメインスポンサーでした。タイガー ジェット シンやストロング小林、大木金太郎などと名勝負を繰り広げていた時代のテーマ曲で、猪木全盛期のイメージと重なる人も多く人気の高い楽曲です。1980年代にも、正規軍VS維新軍の対抗戦選手入場式の際などにたまに使用されていました。
「NJPWグレイテストミュージック(KING RECORD)」に収録されています。

 

▼2代目テーマ曲『テレビ朝日スポーツ・テーマ』(1979~1981年)

テレビ朝日ワールドプロレスリング新日版2(モスクワロングバージョン)

この曲は1980年、テレビ朝日が独占中継するはずだったモスクワ オリンピック中継用に制作された作曲:いずみたくさんの名曲です。音源がソフト化されておらず、Youtubeはスポンサーナレーション入りなのですが、それが逆に懐かしいですね。。。三協アルミ、アデランス、ウィーンライター、がまかつ…IWGP前夜のMSGリーグ戦、ハンセンとの激闘の時代のイメージです。

 

▼3代目テーマ曲『テレビ朝日スポーツ・テーマ 朝日に栄光あれ』(1982~1987年)

テレビ朝日ワールドプロレスリング新日版3(朝日に栄光あれ)

80年代の全盛期。個人的にはこの作曲:神津善行さんの楽曲に一番思い入れがあります。この曲は中継競技ごとにアレンジが違っていました(野球なら打撃の音などが入る)。スポンサーはアデランス、がまかつ、TOYOTA、そして日本船舶振興会!。IWGPにはぐれ国際軍団、長州藤波、タイガーマスクなど、金曜夜8時の生中継、黄金時代のテーマです。

 

▼4代目テーマ曲『ザ・スコアー』(1989~現在)

【ワールドプロレスリング】OP The Score

この曲が使用されてからもう30年になるんですね。。。皆さんご存知、EL&P・・・といってもエマーソン・レイク&(コージー)パウエルの楽曲です。ちょうど闘魂三銃士の活躍が始まったころでしたので個人的にはそのイメージが強いです。フルバージョンはボーカル入りの長い楽曲ですが、編集されてインスト部分のみが使用されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました