「九電記念体育館」と「プレ日本選手権」の思い出~1978 昭和 新日本プロレス・初の生観戦記


PR


福岡 九電記念体育会館が2019年3月、閉館したのだそうです。

ココは私の記念すべきプロレス初生観戦の場所・・・今回はこの会場の思い出と共に、「’78 プレ日本選手権」をご紹介します。


 

■福岡・九電記念体育館とは?

 

http://www.kbc.co.jp/r-radio/thanks/

こちらのサイトにあるように、1970~80年代に福岡で外タレのコンサートがあると決まってココでした。
70年代の大相撲九州場所も、プロレスもココでした。

しかしその後、コンサートは福岡市民会館や福岡サンパレスがメインになり、

大相撲やプロレスも福岡スポーツセンターや国際センター、博多スターレーンに移行して行き、
(いまではマリンメッセ福岡や福岡ドームなんかもあります)

いつしか九電記念体育館の名はすっかり聞かなくなりました。

 

90年代には福岡を離れた私からすると、「まだあったのか」というのが正直な感想です。

 


 

■私のプロレス生観戦

 

1978(昭和53)年12月5日、新日本プロレス「プレ日本選手権権」シリーズ 福岡・九電記念体育館大会。

8歳で祖父に連れて行ってもらったのが、記念すべき私の初・生観戦です。

 

久留米で事業を営んでいた祖父は元柔道日本一、”世界の荒鷲”坂口征二さんと親戚付き合いがありまして、私は控え室に入れてもらい、パンフレットにサインをもらったのです。

…であれば当然、近くにアントニオ猪木さんがいたはずなのですが…当時の私は全日しか観ておらず猪木さんには興味がなく、でスルーするという暴挙!この時の猪木さんは、伝説の「欧州遠征」から帰国したばかりの時期だったんですよね。悔やんでも悔やみきれません(笑)

 


 

■プレ日本選手権とは?

 

1978(昭和53)年11月17日~12月16日に新日本プロレスが開催したシリーズです。

ヒロ マツダをリーダーとして上田馬之助、マサ斎藤、サンダー杉山らフリーランスの「狼軍団」が来襲。

新日勢を含む10選手によるリーグ戦が行われました。

 

出場選手は、藤波辰巳、長州力、星野勘太郎、ストロング小林、坂口征二、マサ斎藤、上田馬之助、剛竜馬、

そしてアントニオ猪木とヒロ マツダ。

 

当時、日本プロレス界は 新日プロ(NET)、全日プロ(日テレ)、国際(TBS)の3団体による戦国時代。

このシリーズはアントニオ猪木が提唱する「日本選手権」構想の文字通り“プレ“イベントでしたが・・・

 

当然のごとく、ジャイアント馬場の全日本プロレスはこれをスルー。逆に、国際プロレスが同時期に開催した『日本リーグ争覇戦』にジャンボ鶴田らを派遣するなどして提携を強め、対抗します。

 

しかしその全日と国際もギクシャクし始め、『日本リーグ争覇戦』を制したラッシャー木村と吉原代表がプレ日本選手権決勝戦の会場に姿を現し、両リーグ戦の優勝者同士による”真の日本一決定戦”をアピール・・・

 

しましたが結局、この話もいつしか立ち消えに・・・というように、各団体が生き残りをかけて、権謀術数が渦巻いていた時期なのでした。

 


 

■12月5日 福岡・九電記念体育館大会

 

この大会は3日後の1978(昭和53)年12月8日にテレビ録画中継され、

①アントニオ猪木vs星野勘太郎
②ヒロ・マツダvs長州力
③NWA認定北米タッグ選手権
 坂口征二、ストロング小林vs上田馬之助、サンダー杉山

の3試合が放送された模様です。

 


 

■アントニオ猪木vs星野勘太郎

 

こんな重要なシリーズにも関わらず、新日本プロレスの総帥・アントニオ猪木は11月末まで欧州遠征に出かけていました。

>「アントニオ猪木 狂気の欧州遠征」はコチラ!

11月26日、シュツットガルトでの”伝説の”ローランボック戦を経て、帰国したばかりのアントニオ猪木は、私が初・生観戦したこの福岡大会では「プレ日本選手権 決勝トーナメント戦」として星野勘太郎とシングルマッチを行いました。

 

https://www.nicovideo.jp/watch/sm33354420

▲なんと試合映像がありました貴重な一戦。
ロープ際、グラウンド、打撃などテクニックの攻防が面白いです。使い始めたばかりの延髄斬りもみられます。

 


 

■ヒロマツダvs長州力

 

これもなかなか貴重な一戦。こちらも「プレ日本選手権 決勝トーナメント戦」として行われました。

ヒロ マツダは、日本プロレスを辞めて単身海外に渡り成功を収めたフリーランスレスラーの始祖的な存在。

ゴッチ門下生でジャーマンスープレックスの使い手でもあり、後にタイガーマスクが戴冠したNWA Jr.王者でもありました。1966(昭和41)年、アメリカ武者修行時代のアントニオ猪木とタッグチームを結成して「テネシー地区認定NWA世界タッグ王座」を獲得したり、1967(昭和42)年には日本のリング(国際プロレス&東京プロレス合同興行)でもタッグを組むなど、猪木とは因縁浅からぬ、”兄弟子”的存在。

 

この日は素足でのドロップキック連発からダブルアームスープレックスで、マツダが順当勝ちしています。

 


 

そのほか、当時のパンフでは第1試合に前田明vs平田淳二のカードも。

当時はこの2人にジョージを加えた「若手三羽鳥」のカードがよく組まれていました。

 

ちなみに佐山聡はこの年からメキシコへ遠征して不在でした。

 


 

■坂口征二&ストロング小林組vs上田馬之助&サンダー杉山 北米タッグ選手権!

 

そしてメインはこのカード。多分にご当地・ビッグサカに気を使ったカードではありますが・・・この坂口・小林組は今は亡きリボルバー内田さん曰く”華のなさでは天下一品”の角刈りコンビ。某方面界隈の方々には熱狂的に支持されること請け合いですが、一本調子の試合のつまらなさでは定評があります。

 

対する上田&杉山組はいわずもがな・・・まともな試合を期待するのはムリな話でして・・・

 

案の定、ひたすら場外でグダグダな攻防に終始する、実に大味な試合に…しかも3本勝負という地獄・・・延々、竹ぼうきを凶器に場外で暴れまわり、両軍共に流血してゴングがずっと乱打されていたことしか、記憶にありません・・・。

というわけで・・・この興業、小学校低学年が初の生観戦するプロレスとしては、なかなかの試練だと思いませんか(笑)。
行く前には学校の友達に「プロレス観に行くから、テレビ中継見てね!」とさんざん自慢したのを後悔するほどの塩っぷり・・・北米タッグめ・・・

「北米タッグ」についてはコチラ


 

ちなみに、1978(昭和53)年12月、この週以降の「ワールドプロレスリング」は・・・

 

12月15日放送 大阪府立体育館より録画中継
WWWFヘビー級選手権 ボブ・バックランドvsアントニオ猪木

 

12月22日放送 蔵前国技館より録画中継
プレ日本選手権決勝戦 アントニオ猪木vsヒロ マツダ

12月29日放送 西独シュツットガルト ギルスベルクホールより録画中継
欧州世界選手権シリーズ決勝戦 アントニオ猪木vsローランド ボック

 

という流れなのでした。すごい時代です。


ID:4803


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です