「UWF」とは何だったのか?~①佐山引退から第一次UWF


PR


『1984年のUWF』(著者:柳澤健/文藝春秋)が発売されて再び注目が集まったUWF。

しかしながらこの本、筆者の「前田嫌い」が濃すぎて、いささか違和感を感じまくりというのがリアルタイム世代の正直な感想です。

UWFは確かに佐山が構築した理論であり、前田にいろいろと問題アリ、なのは事実ではありますが、当時のファンが「こう感じていた」と書かれた部分は「えー・・・」なところがいくつもありましたし、明らかな(故意の?)ミスリード、伝聞、一方的な記述だらけ、でこれをもって「真実」とは思ってほしくないのです。

そこで今回から、地方在住の一プロレスファン(当時中~高校生)が見たUWFについて、まとめていこうと思います。


●佐山タイガー引退

熱狂的にプロレスにハマっていた私にとって、1983年、中1の夏の「初代タイガー突然の引退」は、6.2猪木失神を遥かに上回る、まさにメガトン級の衝撃でした。

その後、佐山は当時の人気番組「欽どこ」に出演(おそらく新日辞める前に出演契約をしていたんでしょうね)、自らあっさりマスクを脱ぎ素顔を晒します。これにはビックりしましたね・・・新聞のテレビ欄に「タイガーマスク」と書かれていてもホントに出るのか?と半信半疑なくらい、当時の佐山は消息不明とされていましたので。番組中、今後について佐山は新しい虎のマスクを見せて「このマスクはプロテクターになっていて、今後はこれで…」という感じで話していました。

この当時のプロレス雑誌(私が読んでたのは月刊の別冊ゴング、週刊プロレス)の最大のトピックは「佐山は次にどこのリングに上がるのか」でした。「格闘技をやる、プロレスは引退」とは言われつつも、WWFらしい、全日らしい、といったプロレス界復帰の噂も流れており、私としては佐山タイガーが見られるならどこでもいい、とにかくプロレスやってくれ、いう心境でした。

そんな中、UWFというのは・・・なんだかよくわからない、が正直なところでした。当時の「UWF」とは、クーデターの煽りで追放された新日プロ営業本部長、”過激な仕掛人”新間寿氏が鳴り物入りで旗揚げしたものの、結局は前田をエースに擁する弱小団体、中身はラッシャーや剛などの寄せ集めであり、所詮はモノクロ写真のマイナー団体、でした。

1984年4月の大宮スポーツセンターでの旗揚げ戦、その後の蔵前興行はそこそこ話題になりましたが、いかんせん前田以外にまるで見るべきところもなく、当時は設立の背景もクーデターの詳細もまるで理解してませんでしたし、テレビ中継もなしですから、地方在住のプロレスファンからしたら、正直そんなものです。


●無限大記念日

しかし、そのUWFに、タイガージムを旗揚げした佐山と山崎が合流、「ザ・タイガー」として復帰する、となり、さらには藤原、高田も合流することになり潮目が一気に変わりました。1984年7月の「無限大記念日」興行です。

この2DAYSも当然、テレビ中継はなく、東スポや雑誌のみが情報源でしたが、それでも「スーパータイガー」のド派手な金と赤のニューコスチュームに魅了されて、いよいよもって新時代の幕開け、的なワクワクが止まりませんでした。私からしたらゴッチ門下生が集結!というよりも、佐山タイガーがいる!という方が圧倒的に大きな存在でした。ただ、その後ろに若手のホープ前田と高田がいて、技術顧問的にベテランの藤原と後に合流する木戸がいて、というのは非常に魅力的でしたし、ここにアントニオ猪木がいたら真・新日プロなのに、と、どうしても考えてしまうのですが、そこは佐山がいれば、というくらいにやはり佐山の存在は大き過ぎました。


●実力No. 1決定戦

さらに翌年の1984年、私が中2の9月「UWF実力No. 1決定戦」は燃えました。

佐山は「スーパータイガー」と改名してコスチュームも紫色、試合内容もさらにキック、サブミッション主体で飛び技は控え、格闘技要素を強めた新しいファイトスタイルを確立しつつ、藤原と前田を倒してNo. 1の称号を得ます。当然この興行も地方民からしたら観られないワケですが連日九スポやニッカンで速報を見て、その後に週プロやゴングでグラビアを眺めていました。中学校の技術の授業で本棚作りがあったのですが、側面にスーパータイガーが木戸にチキンウイングフェースロックを極めている姿+「UWF」と刻むくらいにハマっていました。(笑)


●「ケーフェイ」と「シューティング」

そんな佐山の暴露本「ケーフェイ」を読んだのもこの頃です。

確かに内容は衝撃的、ではありました。なにせ怪しい事情通などではなく、超人気レスラーかつ子供達のスーパーアイドルだった元タイガーマスク佐山の本で「プロレスはシューティングとは違う」「プロレス技は相手の協力がないとかからない」とあり、その中にブレーンバスターやバックドロップと並んで「卍固め」とか書いてあるわけです。私は猪木に対するリスペクトはどこいったのか、という嫌悪感は感じましたが、特段、プロレスについて裏切られた、もう嫌い、などとはまるで感じませんでした。この本に書かれている指摘はいずれも、それ以前からプロレスを観ていたら薄々感じていたものでしたし「やっぱりそうなのね」的な感想でした。

また、この本には「新日の道場ではシューティングの練習をしているのに、試合でそれは出せない」といった表現で、悪いのはいまの興行システムであり、プロレスラーに対する幻想はかろうじて保ってはいた気がしましたし、そこはかとなく「これホントに佐山が書いたの?」という底意地の悪い、面白がって暴露したいだけ、という悪意を感じたのと、私はこの本が出ることとUWFがやろうとしていることで、従来のプロレス界のインチキや、子供騙しの演出がなくなり、オトナの鑑賞にたえる競技になり、世間からの色メガネがなくなるのではないか、という期待値の方が優っていたのだと思います。

それよりも夢中で読んだのは「スーパータイガー シューティング」という本です。

この本にはゴッチ式関節技や打撃についての理論が書かれていて、夢中で習得して毎日教室で試していました。


●博多スターレーン

私がUWFを生観戦したのもこの頃です。

記憶が定かではないのですが、この84年の秋から冬にかけて、博多スターレーンで行われた興行です。記録によればこのあたりでラッシャーと剛が離脱、とありますがまるで記憶にありません。覚えているのは初めて観たマッハ隼人と、スーパータイガーはガイジンとシングルマッチをした事くらいです。(記録だとスティファンピットパス戦、1984年10月10日?)

初めて生で観るスーパータイガーは、アイ・オブ・ザ・タイガーで入場し(この曲はケリー・フォン・エリックのイメージが強いんですが)、シルバーにパープルの模様のブルゾンを着て、耳の下のタテガミが少なくなり、タイツがパープルのラメで妙に艶めかしかったです。試合はそれなりに蹴りや関節は見せましたが予想外に普通のプロレスで、フィニッシュはなんとトップロープからのダイビングヘッドバット・・・からのチキンウイング・フェイスロック。私は「地方だとガチガチのシューティングはまだ受け入れられないと思って、ファンサービスのつもりで飛んでるんだな」と理解はしましたが、もっとガチガチな試合を期待していたので正直、残念な気がしてなりませんでした。

そもそも当時の福岡でのプロレス興行は新日は九電記念体育館から福岡スポーツセンター、全日は大相撲も行われる国際センターが常設であり、ボーリング場の博多スターレーンは天井はトップロープで手を伸ばしたら届くくらいに低く、テレビ興行もないため薄暗いため、どうしようもない場末な感じが否めませんでした。その薄暗く沈んだ地下プロレス的な雰囲気が当時のUWFの急進的な姿勢にマッチしていたところもありましたが。


●第一次UWFの終焉

その後は、たびたび経営難が囁かれ、後にトラブルとなる豊田商事のスポンサード、「国際UWF」への改名騒動などがあり、数少ない記憶ではテレビ東京「世界のプロレス」枠で中継された山口大会の模様がなぜか単発でTBS系のRKB毎日放送で深夜にオンエアされ、それをVHSで録画して何度も擦り切れるまで観ていたくらいのものです。

そして起こったあの85年、私が中3の9月の大阪臨海スポーツセンターでの佐山と前田の確執からの佐山離脱、で私のUWFへの興味は一気に薄れ、新日へのUターンは「そりゃそうだろう、その方がいいよ」的な受け取り方でした。

次回、「新日プロUターン編」につづきます!


ID:270


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です