昭和プロレス隠れ名勝負「マードックvsコックス」 -1976 “ブレーンバスター対決“のビックリなオチ


PR


G+で、この試合がオンエアされました。

キラー カール コックスvsディック マードック

1976(昭和51)年12月9日
両国 日大講堂
全日本プロレス スーパーパワーシリーズ

 

中継解説の東京スポーツ 山田隆さん曰く「この2人はオクラホマあたりで大ライバル」とのこと(さすがアメリカ通)ですが…

 

プロレスファンならピンと来るこの2人。

そう、「ブレーンバスター対決」です。

 

マードックの必殺 ブレーンバスターは、デビュー当時に師弟コンビを組んだコックスから盗んだ(学んだ)と言われてましたが、

全日本プロレスで直接対決が行われてたとは知りませんでした。興味津々です。

 

コックスはこの時、キャリア28年(!)の老獪、いぶし銀の大ベテラン。

一方のマードックはフレッシュファイトなヤングボーイの注目株。

そしてこの試合、とんでもないオチが付くのです!

 


 

●キラー カール コックスとは?

キラー カール コックスは1931年生まれ、プロレスデビューは1950年代半ばで、なんといまでは誰もが知っているポピュラーな大技「ブレーンバスター」の開発者として有名です。

この時は「ザ スピリット」という黒覆面レスラーとして来日。ザ デストロイヤーの覆面十番勝負の対戦相手としてのギミックでしたが、2日前の12.7福岡で馬場にマスクを取られ、素顔に戻ってのファイトでした。

 

●この時点のディック マードック

一方のディック マードックは1946年生まれ、初来日は1968年の日本プロレスでした。

すでにこの頃から人気者で、ファンから贈られたという「寿」文字入りのブルーのガウン姿で入場。

このシリーズでビル ロビンソンと引き分けたことで、その隠れた実力者ぶりが認知され、“将来のNWA世界チャンプ候補“と言われていました。

 


 

●試合展開

 

裁くのは若き(若すぎ)和田京平レフェリー。全日本プロレス メインレフェリーのジョー樋口さんがこのシリーズ中に足を怪我したことで、TVマッチ登場が増えていました。

 

序盤戦から両者、激しいグーパンチの殴り合いでエキサイト、コックスが京平レフェリーを突き飛ばし、早々に試合終了のゴングを要請。が、「この試合は反則裁定なし」と場内アナウンスが入り続行。なんでしょうこれは。

 

コックスはタイツにしのばせた凶器メリケンサックで攻撃(古い!)ここからしばらく、コックスのペースで試合が進み、マードックは派手なバンプで会場を沸かせます。

 

しかしマードックはボクシング パンチ連打(お得意のつま先を上げたステップ付き)から目の覚めるようなドロップキック!しかしベテラン コックスは反則ありのあの手この手でペースを渡しません。老獪です。

 

先に必殺ブレーンバスターを繰り出そうとしたのはコックス。しかしマードックはこれを防ぎ、投げさせません。

マードックはこの当時からエルボー、ストンピング、そしてボクシングスタイルのパンチくらいしか技を出しません。なのですが、会場人気を独占しています。

 

場外乱闘でマードック流血。コックスは一気呵成に攻め立てます。

しかしこの辺りでコックスが見せたエプロンでのエルボーとか、その後のマードックの得意技じゃん!

 

そしていつしか両者共に大流血。

遂にコックスが必殺ブレーンバスター!

これをマードックが跳ね返し、場内大歓声です。マードックが反撃に出ると館内の応援がすごい。

 

そしてマードックのもう一つの必殺技、カーフブランディング(子牛の焼印押し)!

実況の松永アナは「ネックブロック?」山田さんは「踏み潰し」。

 

そしてマードックが「ブレーンバスター」宣言。しかし、コックスは腰を落とし、決めさせません。

ここでエキサイトしたマードックがレフェリーの和田京平さんをリング外へスルー。

収拾がつかなくなり、全日本の若手、大仁田と薗田が止めに入ります。すると…

 

 

まずはマードックが薗田にブレーンバスター!

そしてコックスも大仁田にブレーンバスター!

 

いやいや、そういう対決じゃないだろ(笑)もはやコントです。

 

さらにここから、渕や伊藤、百田、大熊ら若手が止めに入りますが、両者はなおも乱闘を繰り広げ…

結局、20分26秒、ノーコンテストとなりました。

 

試合後はマードックが先に引き上げ、コックスが観客に向かって散々アピールして大見得を切って、おしまい。

この辺りは、マードックが先輩に気を遣ったんでしょうか。

古き良きプロレスを観せてもらいました。

 

 

<関連リンク>

「ディックマードック」~1946-1996 “狂犬”古き良きプロレスの巧


ID:5129


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です