雪の札幌テロ事件〜1984.2.3 藤原のブレイクと「こんな会社辞めてやる!」

※当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。

ID:1886

藤波vs長州の「名勝負数え歌」の副産物として、「テロリスト」藤原喜明の大ブレイクも外せません。

1982年10月8日の「反乱」から始まった藤波との抗争も丸一年以上が経過した1984年2月3日。当時の新日プロ恒例の雪まつり時期の札幌大会で、大事件が起こりました。昭和のプロレスファンなら、「札幌」「雪まつり」とくれば「テロ襲撃事件」「こんな会社辞めてやる!」と即答するほど、有名な事件です。

 


 

スポンサーリンク

◆テロ事件発生

 

1984年2月3日、満員の札幌中島体育センターからの生中継。「パワーホール」に乗って入場してくる長州力が、なかなか入場して来ません。

 

私も生中継を見ていましたが、満員の観客に遮られて、何が起きているのかよくわかりませんでした。

 

よく見ると、赤いジャージを着て、血に染まったタオルを頭に巻いた何者かが、何かの凶器を使って大暴れしているのが、フラッシュの光でコマ送りのように映ります。その男はひとしきり暴れると、気が済んだように去って行きました。

 

延々と鳴り響くパワーホールの中、実況の古舘アナ「何か、ファンと揉めているみたいですね…藤原喜明ですか?藤原が?鉄パイプで長州を襲っているのでしょうか?何が起きているのでしょうか!」

 

長州のセコンドのアニマル浜口がリングに駆け上がり「なんだあれは?どういうことだ!」と花道を指差してマイクアピール。

 

対戦相手の藤波が、異常事態を察知してリングイン。何が起きているのかわからない、といった険しい表情で花道を見やります。

 

そこへ、維新軍の選手に肩を借りて血だらけの長州がリング下にたどり着きました。周囲の制止を振り切りリングに上がる長州に、藤波が襲いかかります。

しかし試合ができる状況ではなく、新日、維新軍両サイドの選手が止めに入り「無効試合」に。

藤波は維新軍どころか、解説席から駆けつけた審判部長 山本小鉄をボディスラムで叩き付け、坂口征二 副社長にも殴りかかり荒れ狂います。

実況、解説席の見解は「今日の(放送開始前の)試合で浜口と谷津に流血させられた藤原が、報復で長州を襲ったのでは?」とされました。

 

テレビはメインイベントの試合へ移行しますが、舞台裏は大荒れでした。藤波は長州の返り血を浴びたまま、ショートタイツとリングシューズのまま、雪の降る外に飛び出し、目に涙を溜めて「こんな会社、辞めてやる!」と吐き捨て、1人、タクシーで会場を後にした、と後日、報じられました。

 


 

●藤波激怒の理由

 

もちろん「ファンが楽しみにしている俺と長州の試合をめちゃくちゃにしやがって!」と藤波が怒るのはわかりますが、なぜ「藤原は許せない!」ではなく、「こんな会社、辞めてやる!」なのか。

 

それは、藤原が勝手にこんな事をやるハズがない、藤原にこんな事をさせられるのは猪木しかいない…という事が一つ。

そしてもう一つは、「自分が藤原にやらせた」と濡れ衣をきせられるのではないか?という不信感だと思います。

 

この頃には、長州の「かませ犬」反乱も猪木の差し金ではないか、とさすがの藤波も気づいていたでしょうし、「また自分には知らせずに、こんな事をするのか」と怒りが爆発し、さらにアニマル浜口から散々、マイクで「藤波がやらせたんだろう、卑怯者!」と首謀者扱いされたことで、「まさか会社は、俺のせいにするのか!」とダブルで怒りが増幅したのではないでしょうか。

 

その疑いが晴れたからか、藤波は翌日の帯広大会には普通に出場しています。この夜に誰からどういう説明(説得?)を受けたのかは謎です。

 


 

●藤原喜明とは

 

この時点での藤原は「知る人ぞ知る、前座の実力者」という位置付けでした。プロレスファンには猪木のスパーリングパートナー兼用心棒、似顔絵がうまい事でも知られていましたが、一般層の知名度はほぼありません。TV的には藤原の試合が放送される事はほとんどなく、かつてカール ゴッチがエキシビションを行った際に「ゴッチにジャーマンされた選手」として、くらいの露出度でした。

 

岩手県出身の藤原は高校卒業後サラリーマンを経て、1972年に旗揚げ直後の新日プロに23歳で入門。柔道経験があり、入門からわずか10日で異例のスピードデビューを果たします(デビュー戦の相手は藤波)。試合後、豊登から「オマエ、どっかでプロレスやってただろ」と言われる程の出来栄えだったといいます。

 

カール ゴッチに師事し、猪木の付け人にも抜擢され、1975年に若手の登竜門「第2回カール ゴッチ杯争奪リーグ戦」で優勝。

しかし海外遠征の機会は与えられず、猪木のスパーリングパートナー兼用心棒的役割を担い「華やかなパーティは藤波、危ないところにはオレが連れて行かれる」と藤原は苦笑していました。実際、アリ戦やパキスタンでのペールワン戦、ローラン ボックとの死闘で知られる欧州遠征などで藤原は常にピッタリと猪木の横に付いていました。

   

 

藤原は長い間、道場では若手のコーチ役を務めながら、万年前座の「影の実力者」でした。

この長州襲撃以来、藤原はテレビ中継試合に頻繁に登場するようになり、入門から12年目にして、影の実力者から一躍、表舞台へと躍り出ます。

 


 

●藤原が語る「襲撃の真相」

 

「あの時は、長州か藤波のどちらかが怪我をしていて、試合ができない状態だったんですよ。当時の人気カードで、ベルトの懸かった試合だし、テレビの中継も入っていて中止にするわけにはいかない。猪木さんがオレに「乱入しろ」と。オレが、罪をかぶるみたいな形になるんだけどね。まあ、そんな噂だったけど、本当のところはわからない。」(2015年YOMIURI ON-LINEインタビュー)

 


 

◆当初の予定は小杉選手?

 

当時の新日レフェリーでマッチメイク(試合カード編成)を担当していたミスター高橋氏が後に暴露したところによると、この事件はやはり猪木の発案との事。当時のマッチメイク(対戦カード編成)はミスター高橋が組み、それを社長の猪木が検閲してゴーサイン、というのが当時の流れだったようです。

 

高橋:社長お疲れさまです。
猪木:おお、どうすんだ、これ。
高橋:いろいろ考えてはありますが、正直に言うと若干の迷いはあります。
猪木:この試合、ぶっ壊しちゃおうよ。
高橋:え?ぶっ壊すって…どういうことですか?
猪木:客は見たくねえだろう、こんなカード。長州が花道を歩いているときに誰かに襲わせて血だるまにして、試合をできないようにしちゃおうよ。
高橋:そんなことをしたら、暴動が起こりかねませんよ。
猪木:いいんだ!試合なんてやらなくていい。大丈夫だから俺の言うとおりにしろ!
高橋:…分かりました。
猪木:よーし、それじゃ、小杉だ。小杉にやらせろ。
高橋:小杉?…社長の考え自体に反対はしませんが、小杉にやらせるのは反対です!
猪木:いいんだよ誰だって!俺の見せたいのは長州がやられて試合ができなくなるところなんだ。小杉でいい!
高橋:小杉にはそんなことできないですよ!藤原でいきましょう。藤原ならできますよ。
猪木:小杉でいいって言っているだろう!!しつこいなこの野郎!それじゃ勝手にしろ!!

私は藤原でいく覚悟を決め、リング設営用のバールをリング下の工具箱から取り出した。

高橋:フーちゃん。
藤原:なんすか。
高橋:頼みがあるんだ。  
<説明>
藤原:…分かりました。

彼はポツリとそう言うと、私の差し出すバールを受け取ったのである。

 


 

◆小杉俊一選手とは

 

小杉、というのは1985年の第一回ヤングライオン杯優勝者である小杉俊一選手のことです。

私はこの「テロリスト、当初は小杉説」はどうにも信じられない気がしています。小杉選手は見るからに真面目、実直なキャラでしたし、あの時期の長州にいきなり暴行を働くイメージが皆無だからです。

小杉選手は高田伸彦と同期で1981年入門、当時3年目の若手でした。地味ながら真面目な技巧派で、カール ゴッチからかわいがられていたり、第一次UWFへの修行話があったり、となにかと気にかけられ、売り出しの企画を画策されていた選手、ではありました。

小杉選手は前述の通り、85年の第一回ヤングライオン杯で山田恵一を破り優勝しますが、腰痛(内臓疾患説もあり)で88年に引退しています。

もし、この話が真実だとして、小杉選手がテロリストになっていたら…早々に維新軍の面々に報復されて、潰されていた気がしてなりません。

 


 

◆知る人ぞ知る伏線

 

「長州襲撃のテロリスト、当初から藤原喜明説」の伏線的なエピソードがあります。

 

この前年の1983年3月23日、山口県立体育館で藤原喜明はキラーカーンと不穏試合を演じているのです。

©東京スポーツ新聞社

 

この時期、キラーカーンはアメリカマットにおけるアンドレとの抗争でブレイクし、日本においてもスター選手でした。一方の藤原は前座の一中堅レスラー。

 

その2人がシングルマッチで激突したのですが、藤原は危険な攻撃を仕掛け、カーンは対応できず不穏な空気に。異常を察知したカーンのセコンド、革命軍(維新軍の前身)のマサ斉藤と長州力が試合に乱入し、試合はカーンの反則負け。試合後、マサと長州は藤原を制裁した、とも噂されます。

 

当時、売れっ子のカーンが調子に乗り、それを不愉快に感じていた藤原とは猿犬の仲でした。飲みの席で「強くもないくせに」と藤原が毒づいて喧嘩になった、藤原がカーンの入場の際にわざと階段を逆さまに付けた、など、さまざまなエピソードが語られています。

 

そんな中、組まれたこの試合。藤原は周囲に「今日はやってやる」と宣言していた通り、ガチガチのセメントを仕掛け、実力を見せつけました。

 

マサや長州が慌てて止めに入る程ですから、藤原の秘めた実力は選手たちからも認知されていたワケで、藤原も「会社に売り出されたからって調子に乗ってんじゃねぇぞ」的な不満があったことが伺えます。

 

もっとも、これは藤原とカーンの個人的な喧嘩で、長州への襲撃に直接的につながるワケではないのですが、「藤原がテロリスト役」なのは実にハマリ役だったのです。

 


 

◆猪木はなぜ、試合をぶち壊したのか?

 

いまとなれば小杉か藤原かは置いておいても、猪木の指示であったことは間違いないところです。

ではなぜ、猪木はこの試合をぶち壊したのか。

 

確かにこの頃、藤波と長州の一騎打ちもマンネリ化してきていましたが、まだまだ地方会場ではキラーカードでした。

私は長年、この期に乗じて(人気のあるうちに)次の一手として、苦労人でブレイクできない藤原を2人の抗争に絡ませる事で、さらなるストーリーを構築する猪木の巧妙なアングル作り、とばかり思っていました。(結果的に藤原は大ブレイクしましたし)

しかし、それが「小杉でいいや」と言っていた、となると話はまるで違います。単に猪木が藤波と長州の試合に飽きて、とりあえずめちゃくちゃにしてしまえ、という単なる思いつき、という話になるからです。

 

藤原は事件当時は「長州に、下には下がいる事を思い知らせてやりたかった」と発言していましたし、それには実にリアルで、説得力がありました。

 

そんな藤原も、近年では「猪木さんの指示だった」という点までは認めていますが、その理由は曖昧なままです。実際、当日、長州も藤波も試合できないほどの負傷はしていなかったと思います(藤原はそう頼まれた、のかもしれませんが)。

 

「真相もなにも、ミスター高橋が書いてるじゃないか」と思う人もいるでしょうが、私はこのミスター高橋の言うこともいまひとつ、信用していません。彼の書籍はいろいろ読みましたが、どれも個人的な恨みから事実が捻じ曲げられていたり、明らかな事実誤認がたくさんあり、テキトー過ぎるのです。本当なら小杉を藤原に変えたのはミスター高橋のファインプレーですが…。

 

この前年、83年には、「クーデター事件」が起きています。猪木からするとその主要メンバーである藤波(と長州)への「報復」の意味合いもあり、その大義名分としては「カードのマンネリ」「観客をあっと驚かせて興行を盛り上げる起爆剤」…というのが、正解な気がします。

 

84年8月のパキスタン遠征では、「観覧に訪れた国王の希望」という名目で藤波長州はタッグを組まされたりもしていて、猪木 新日プロとしては維新軍の離脱(独立計画)を察知してなのか、解体を目論んでいたような動きもありました。

 

いまとなればどれも「一つの見方」に過ぎず、誰がどこまで知っていたのか、おそらくはもう、真相は藪の中です。

ただ一つ、「藤原喜明という選手が脚光を浴びるきっかけとなった大事件」である事だけは、間違いない事実です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました