昭和特撮「ゴジラ」昭和シリーズ総まくり!~1954-1975 15作品 一挙紹介

※当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。

ハリウッド&東宝の「Godzilla King of Monsters(ゴジラ2)」(2019年公開予定)に、キングギドラやラドン、モスラが登場するのでは?と話題になっています。

今回は、その原点となる「昭和のゴジラシリーズ」映画15作品を、予告編と共にご紹介します。


 

●ゴジラ映画の歴史

 

日本のゴジラ映画は、現在までに29作品が制作・公開されています。

〇昭和ゴジラシリーズ 15作品(1954~1975)
〇平成ゴジラシリーズ 7作品(1984~1995)
〇ミレニアムゴジラシリーズ 6作品(1999~2004)

その後、10年間のブランクを経て大ヒットした

〇シン・ゴジラ(2014)

が現在のところ、”Made in Japan”のゴジラ映画として最終作品となっています。(劇場版アニメ作品3作は除く)

 

<ハリウッド版GODZILLA>

〇GODZILLA(1998)
〇GODZILLA(2014)

そして、最新作

〇Godzilla King of Monsters(ゴジラ2)

が、2019年の公開が予定されています。

 


 

●ゴジラの生みの親

 

「ゴジラといえば円谷英二氏」が有名ですが、正確には

特撮の神様 円谷英二氏(1901~1970)


東宝のプロデューサー 田中友幸氏(1910〜1997)


映画監督 本多猪四郎氏(1911~1993)

の合作です。

 

1933年に公開された「キングコング」を観賞して衝撃を受けた円谷英二氏は、1954年、「インド洋で大ダコが日本船を襲う」企画を持ち込みます。そして、それを基に田中友幸プロデューサーが「G作品」企画を立ち上げ、アメリカの核実験からの着想など紆余曲折を経て1954年、本多猪四郎監督による国産特撮怪獣映画第1号「ゴジラ」が誕生します。

 

映画「ゴジラ」は当時経営が傾きかけていた東宝が立ち直るほどの大ヒットを記録。海外でも公開され、以降のゴジラシリーズは世界中で公開され、世界でもっとも有名なキング・オブ・モンスター となりました。

 


 

伊福部昭氏(1914―2006)

「ゴジラ」の音楽はなんといっても伊福部昭さんです。少年期を北海道で過ごした伊福部昭さんは、アイヌ民族や各地方から移住してきた人々の民謡を耳にして育ち、15歳から独学で作曲を始めます。1935年、厚岸の森林事務所で林務官を務めるかたわら書き上げた初のオーケストラ作品「日本狂詩曲」がクラシック国際コンクールで最優秀「チェレプニン賞」を受賞。第二次大戦後は東京音楽学校(現東京藝大)や 東京音楽大学にて教鞭をとり、芥川也寸志、黛敏郎、矢代秋雄、三木稔、石井真木、松村禎三など多くの作曲家を育てました。日本の音楽らしさを追求した民族主義的な力強さが特徴の数多くのオーケストラ曲のほか、映画やバレエ音楽にも積極的で、「ゴジラ」「座頭市」「ビルマの竪琴」など300本以上の映画音楽を手がけています。

 


 

●昭和ゴジラシリーズ 

 

第1作から第7作までが、「特技監督 円谷英二」さんの時代です。

 

第1作 ゴジラ
1954年(昭和29年)
961万人 1.6億円
監督 本多猪四郎
音楽 伊福部昭

【公式】「ゴジラ」予告 初ゴジと呼ばれる記念すべきゴジラの第1作。

単なる”怪獣もの”ではない、反戦や核への怒りといった時代を超えた強いメッセージ性を持つストーリーは、公開から60年以上が経った現在でも世界的に高く評価され、”初作にしてシリーズ最高傑作”に推すファンも。本作の「ゴジラ」は核の悲劇を体現し、恐怖の象徴として不気味に描かれ、モノクロも相まって戦争映画、恐怖映画のようです。

 


 

第2作 ゴジラの逆襲
1955年(昭和30年)
834万人 1.7億円
監督 小田基義
音楽 佐藤勝
アンギラス

【公式】「ゴジラの逆襲」予告 大阪を舞台にアンギラスと死闘を繰り広げるゴジラシリーズの第2作目。

1作目ラストで完全に消滅した「ゴジラ」ですが、あまりの大ヒットに続編が企画され、ポスターには「ゴジラは生きていた!」。いくらなんでもムリがありすぎ、ということで「もう1匹いた」とか設定はブレブレです。本作までがモノクロ作品ですが、早くもライバル怪獣として4足歩行の「アンギラス」が登場、舞台は大阪です。。円谷監督は本作から「特技監督」の肩書が付きました。

 


 

第3作 キングコング対ゴジラ
1962年(昭和37年)
1255万人 4.3億円
監督 本多猪四郎
音楽 伊福部昭
キングコング/大ダコ/大トカゲ

【公式】「キングコング対ゴジラ」予告 アメリカの人気怪獣キングコングを相手に迎えたゴジラシリーズの第3作目。

シリーズ初のカラー作品、唯一のコラボ作品にして円谷監督が憧れたアメリカモンスターの「キングコング」をゲストに迎えた最大のヒット作。ラストは”両者リングアウト決着”なのが、日米の政治を感じさせます。

 

第4作 モスラ対ゴジラ
1964年(昭和39年)
722万人 3.1億円
監督 本多猪四郎
音楽 伊福部昭
モスラ/モスラ幼虫(2匹)

【公式】「モスラ対ゴジラ」予告 東宝の2大怪獣スター、ゴジラとモスラの初対決を描いたゴジラシリーズの第4作目。

「ゴジラ」映画ではなく単体で大ヒットした「モスラ」が登場。シリーズ唯一、ゴジラが負けた相手がこのときのモスラで、しかも幼虫です。ここまでのゴジラは悪役で、モスラが善玉でした。

 


 

第5作 三大怪獣 地球最大の決戦
1964年(昭和39年)
541万人 3.9億円
監督 本多猪四郎
音楽 伊福部昭
ラドン/モスラ幼虫/キングギドラ

【公式】「三大怪獣 地球最大の決戦」予告 ライバル怪獣キングギドラが初登場するゴジラシリーズの第5作目。

「モスラ」に続き、単体で大ヒットした「ラドン」も登場。本作は「宇宙怪獣キングギドラ」が初登場。見るからにラスボスのキングギドラに、モスラに説得されたゴジラとラドンが共闘。ここからゴジラが地球(人間)を護るヒーロー的な役割に代わっていきました。

 

第6作 怪獣大戦争
1965年(昭和40年)
513万人 4.1億円
監督 本多猪四郎
音楽 伊福部昭
ラドン/キングギドラ

【公式】「怪獣大戦争」予告 X星人が初登場し、”シェー”のポーズで知られるゴジラシリーズの第6作目。

当時の宇宙ブームに乗っかり、シリーズで唯一、ゴジラがほかの惑星で戦う作品。ゴジラが当時流行っていた「シェー」をする演出は、シリアスなゴジラファンを凍り付かせました。

 

第7作 ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
1966年(昭和41年)
421万人 3.3億円
監督 福田純
音楽 佐藤勝
エビラ/モスラ成虫/大コンドル

【公式】「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」予告 海の凶悪怪獣エビラと死闘を演じるゴジラシリーズの第7作目。

東宝お得意の「南海洋」が舞台。そのまんま巨大なエビの怪獣「エビラ」と戦います。

 


 

第8作 怪獣島の決戦 ゴジラの息子
1967年(昭和42年)
309万人 2.6億円
監督 福田純
特技監督 有川貞昌
音楽 佐藤勝
ミニラ/カマキラス/クモンガ

【公式】「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」予告 ミニラが初登場するゴジラシリーズの第8作目。

いよいよネタ切れが激しくなり、ゴジラの息子「ミニラ」が登場。子育てをするゴジラはメスなのか?と話題になり「パパゴジラ」と説明する事態に。ここから作りが完全に”お子様向け”になりました。

 


 

第9作 怪獣総進撃
1968年(昭和43年)
258万人 2.3億円
監督 本多猪四郎
特技監督 有川貞昌
音楽 伊福部昭
ミニラ/アンギラス/ラドン/バラン/モスラ幼虫/マンダ/バラゴン/ゴロザウルス/クモンガ/キングギドラ

【公式】「怪獣総進撃」予告 総勢11怪獣が暴れまくるゴジラシリーズの第9作目。

映画館の入場者数が全盛期の4分の1まで落ち込み、子供達の興味も妖怪やスポ根などTV番組へと移った世相もあり、東宝は本作で怪獣映画の打ち切りを決定。ラストにふさわしく11体もの怪獣が登場する”夢のオールスター戦”映画となりました。が・・・予想外のヒット作となりあっさり継続に。

ただし、田中友幸プロデューサー、円谷英二特技監督、本多猪四郎監督、音楽 伊福部昭氏、スーツアクター中島春雄氏ら初代からのスタッフが揃って制作に関わったのは事実上本作が最後となりました。

 


 

第10作 ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃
1969年(昭和44年)
148万人 2.6億円
監督 本多猪四郎
特技監督 本多猪四郎
音楽 宮内國郎
ミニラ/ガバラ/アンギラス/マンダ/エビラ/大ワシ/ゴロザウルス/カマキラス/クモンガ

【公式】「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」予告 人気9怪獣が怪獣島を舞台に大決戦を繰り広げるゴジラシリーズの第10作目。

怪獣映画単体での公開が厳しくなったため企画された「東宝チャンピオンまつり」のメイン作品で、これまでとは違い子供が主人公の児童文学的作風。これまでの感謝を込め「監修 円谷英二」とクレジットされましたが円谷氏は病気療養中でノータッチだったとのこと。

 


 

1970年、円谷英二氏が伊東の別荘で療養中に亡くなります(享年68歳)。

ここから、特技監督が東宝入社以来、円谷監督の下で助手、助監督を務めた中野昭慶氏(1935~)になります。

 

第11作 ゴジラ対ヘドラ
1971年(昭和46年)
174万人 3億円
監督 坂野義光
音楽 眞鍋理一郎
ヘドラ

【公式】「ゴジラ対ヘドラ」予告 根強い人気の公害怪獣ヘドラとの闘いを描いたゴジラシリーズの第11作目。

円谷氏亡き後、2年の期間を経て「東宝チャンピオンまつり」で公開された本作は公害問題を取り上げた異色作。サイケデリックやモラトリアムなどの時代背景も描かれます。敵役ヘドラの不気味すぎる容姿もですが、それ以上にヘンな恰好で”ゴジラが空を飛ぶ”衝撃はいまだに語り草です。

 

第12作 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
1972年(昭和47年)
178万人 3.2億円
監督 福田純
音楽 伊福部昭
アンギラス/キングギドラ/ガイガン

【公式】「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」予告 ゴジラとアンギラスがタッグを組んで地球を守るゴジラシリーズの第12作目。

前年に大映が倒産し、ガメラ・シリーズが終結する中、本作も「東宝チャンピオンまつり」で公開。「ゴジラが他の怪獣と戦い、怪獣のチャンピオンを目指す」というチャンピオンまつり路線を決定付けました。ゴジラとアンギラスがフキダシで会話する、というあまりにも、なシーンでせっかくのサイボーグ怪獣 ガイガンの造形美が・・・。

 

第13作 ゴジラ対メガロ
1973年(昭和48年)
3月17日 98万人 2.2億円
監督 福田純
音楽 眞鍋理一郎
アンギラス/ガイガン/メガロ/ジェットジャガー

【公式】「ゴジラ対メガロ」予告 人間型電子ロボットのジェットジャガーが登場するゴジラシリーズの第13作目。

低予算にあえぐ中、前作で人気を博したガイガンを再登場させますが、メガロとジェットジャガーはデビュー作にして唯一の登場に・・・。興収も歴代ワースト2位。

 

第14作 ゴジラ対メカゴジラ
1974年(昭和49年)
133万人
3.7億円 山浦弘靖
監督 福田純
音楽 佐藤勝
アンギラス/メカゴジラ/キングシーサー

【公式】「ゴジラ対メカゴジラ」予告 メカゴジラが初登場するゴジラシリーズの第14作目。

ゴジラ誕生20周年記念作品。沖縄返還、1975沖縄海洋博の話題を受け、「沖縄怪獣 キングシーサー」が登場。予算も時間も無い中での制作が続きますが本作の敵役「メカゴジラ」は当時のロボットブームもあって大人気に。長年、ゴジラのタッグパートナーを務めたアンギラスが半殺しになりいまだに死亡説と生存説で揉めています。

 

第15作 メカゴジラの逆襲
1975年(昭和50年)
97万人 3.3億円
監督 本多猪四郎
音楽 伊福部昭
メカゴジラII/チタノザウルス

【公式】「メカゴジラの逆襲」予告 メカゴジラを不動の人気にしたゴジラシリーズの第15作目。

前作で大人気のメカゴジラがタイトルを占拠。大人向け初期ゴジラシリーズの復活を掲げ、本多猪四郎監督と音楽 伊福部昭氏コンビが復帰しますが・・・ゴジラシリーズ観客動員数歴代ワースト1位の97万人(第1作の1/10)を記録。

 

遂に東宝はシリーズの休止を決定し。本作が昭和ゴジラシリーズ最終作品となってしまいました。

 


<関連リンク>

私感「シン・ゴジラ」

「円谷プロダクション」~ウルトラマンの光と影

昭和ウルトラマンシリーズ特集

東映まんがまつりvs東宝チャンピオンまつり

コメント

タイトルとURLをコピーしました