昭和特撮「円谷プロダクション」〜ウルトラマンの光と影


PR


「ウルトラマン」というキラーコンテンツを保有しながら、なぜ幾度も倒産の危機に見舞われ、そして創業者一族は追放されたのか。

 

その内情が、円谷プロ創業者 円谷英二氏の孫で、6代目社長をつとめた円谷英明氏によって明かされる悔恨の書『ウルトラマンが泣いている』が2013年に発売され、話題になりました。

 

タイのプロダクションとの著作権をめぐる訴訟問題(後述)もありましたが、度重なるお家騒動が大きな原因でした。同族経営は下手するとこうなる、という典型的な失敗例とも言えます。

 

我々円谷一族の末裔は、祖父が作った円谷プロの経営を全うすることができませんでした。現存する円谷プロとは、役員はおろか、資本(株式)も含め、いっさいの関わりを断たれています。これから約半世紀にわたる円谷プロの歩み、真実の歴史を明かそうと思います。その中には、今もウルトラマンを愛してくださる皆さんにとって、あまり知りたくないエピソードも含まれているかもしれません。」

 


 

「番組制作は赤字でも、ウルトラマンがなんとかしてくれる」

 

残念ながら、円谷プロにはビジョナリーもマネジメントも存在しませんでした。 東宝と手が切れて創業家が株式を買い戻してから、TBSとも関係悪化して怪しい経営が続き、社長や資本がコロコロ変わり、大混乱しました。銀行筋からは「円谷プロを経営しているのは円谷一族じゃなくてウルトラマン」と揶揄される始末…。

同書を読む限り、創業者一族が追い出されるのも当然というか、新経営陣からすると賢明な措置としか思えません…。

適切に管理しないとならないキャラクタービジネスの難しさと同時に、管理母体がボロボロでも、今なお愛され続けるウルトラマンというヒーローの持つ力を感じます。

 


ここで円谷プロの設立から現在までの資本の流れをざっとまとめてみます。

 

◆東宝傘下の時代

創設者は「特撮の神様」円谷英二氏

創業当初は東宝が筆頭株主で、砧撮影所を使い東宝受注のテレビ映画を孫受け発注していました。

日本初の特撮テレビシリーズ「ウルトラQ」、続く「ウルトラマン」「ウルトラセブン」も空前の大ヒットとなりますが、特撮番組制作はとにかくコストがかかり台所は常に火の車状態。

続く「怪奇大作戦」終了時にはテレビ局からの仕事が途絶え経営に行き詰まり、1968年に筆頭株主の東宝が60%の株を取得して子会社化しました。

社長は円谷英二氏、東宝からは7人の役員が派遣され、専務は円谷皐氏、取締役は円谷一氏などが就任。

リストラによる経営再建策で伝説の脚本家である金城哲夫氏らの所属する企画文芸部を廃止して、約150人いた社員を40人にまで圧縮。

借金返済についても、猶予期間が設けられなんとか制作を継続、その後も東宝の庇護の下なんとか経営を続けます。

ウルトラマン テレビシリーズの制作費は1話で約2,000万~3,000万円、それに対し、局から受け取る制作費は1話数百万円。足が出た分は、円谷プロの持ち出しのため、年間で億単位の赤字となります。新作を作れば作るほど赤字を垂れ流す体質に陥っていました。

3代目社長の円谷皐氏はこの状況を打破すべく、1992年にTBSへ期限付きで譲渡していたウルトラシリーズの販売権や窓口権が戻ってくると、これらの権利を担保に得た資金で円谷の事実上の個人会社であった円谷エンタープライズが東宝の保有する円谷プロ株を買い取り、東宝との資本関係を解消します。

 

◆円谷家経営の時代

1995年に円谷皐氏が死去。息子の円谷一夫氏がオーナー社長の地位を引き継ぎます。

21世紀初頭、ウルトラマンのテレビシリーズが本格的再開。

制作費がかさみ、東宝時代からの後ろ盾であった三和銀行をなくし経営基盤が弱体化、さらにかねてからのTBSとの関係悪化により、累積赤字が解消できず倒産の危機に陥ります。

 

◆度重なるお家騒動

円谷一夫氏への不満を募らせた役員の間から制作部プロデューサーだった円谷昌弘氏への社長交代の要望が出され、2003年に経営体制を一新。

円谷一夫氏は代表権を持つ会長に、円谷昌弘氏が社長に就任し、円谷プロを退社していた円谷粲氏と円谷英明氏が復帰して一族で経営にあたることになります。

一方、専務の高野宏一氏ら古くからの役員はこの過程でバンダイの乗っ取りに加担するクーデターを計画したとして、辞表を出すように要求され、円谷プロを去りました。

しかし2004年、円谷昌弘氏は女性社員へのセクハラ問題により、社長を弟の円谷英明氏と交代。

経理の正常化を目指した円谷英明氏もまた1年後に役員会で解任動議が出され、過半数の株を持つ会長の円谷一夫氏の同意により、社長職を解任されます。

そして、東宝不動産の取締役だった大山茂樹氏を社長に招聘したものの、2007年6月の取締役会で大幅なリストラを主張した大山氏を円谷一夫氏が解任し、円谷一夫氏が再び社長を兼任するなど、短期間で社長が交代する異常事態になります。

 

◆TYOの連結子会社化

2007年、この事態に愛想を尽か時代金融機関は数十億円にも上る融資の全額返済を予告もなしに求めました。

30億円の累積赤字を抱え資金繰りに行き詰まった円谷プロは、CM映像コンテンツ製作などを手がけるTYOから数千万円の融資を受けます。

しかし、その返済も滞り担保となっていた株式の過半数を握られ、円谷プロはTYO傘下に入ることになりました。

円谷プロを傘下においたTYOはM&Aも手掛ける映像コンテンツ制作会社ですが、買収に当たり突きつけた条件は、円谷一夫氏をはじめとする取締役全員の退任。円谷一族の影響力を完全に排除し、再生に向けて、大規模なリストラに着手します。

80人以上いた社員を約半分にまで削減、分散していたスタジオや倉庫、オフィスなどを集約して年4,000万円超のコスト削減を断行します。

その結果、買収当時、赤字だった円谷プロはわずか1年で黒字に転換することに成功しました。ちなみに、円谷プロ買収に当たってTYOが投じた金額は、たったの8,000万円と言われています。

その後、TYOによる組織改革と平行してバンダイナムコグループ(BNG)が資本参加。

2008年、TYOは持ち株のうち33.4%を、BNGの子会社であるバンダイに譲渡売却します。

2009年7月には更なる株式譲渡が行われ、円谷一夫氏は取締役会長から名誉会長へ、その名誉職も2009年に退任となり、これで円谷家は円谷プロの経営から一切排除されることとなりました。

 

◆フィールズの連結子会社化

2010年4月2日、TYOは保有する51%の株式すべてを、パチンコ開発販売会社のフィールズに売却、円谷プロはフィールズの子会社となります。

わずか2年足らずでの売却の理由は、TYOの業績悪化と言われています。コアであるCM映像制作やウェブ事業などの広告関連事業に経営資源を集中させるためでした。

一方、円谷プロを傘下におさめたフィールズの狙いは言わずもがなで「ウルトラマンシリーズ」の版権です。人気コンテンツの版権価格が高騰している最中、円谷プロを傘下におくことで版権元に縛られない供給を行うことが、M&Aの目的です。

同時に、円谷プロの49%の株式を保有するバンダイとも連携して、キャラクター商品や映画など関連するビジネスの拡大を目指しています。ここ数年はテレビシリーズもコンスタントに制作され、劇場版新作も毎年公開されるようになっています。

 


 

ウルトラマンとよく比較されるのが東映の「仮面ライダー」と「スーパー戦隊シリーズ」です。

こちらも同じく制作にはコストがかかりますが、玩具メーカーや出版社、テレビ局とのマーチャンダイジングで巨額の売上を叩き出し、長く続いています。

 

コンテンツのライセンスだけならウルトラマンはライダーや戦隊に決して引けを取らないのですが、私がとある関係者の方に聞いたところによると「ウルトラマンは武器を使わないし、変身グッズもシンプル過ぎて人形しか売れない」のが差だそうです。それで近年のウルトラマンは何度も変形したり、変身グッズもカードやカプセルなど付属品をたくさん売ってるのか、と納得です。

 

先にも述べた通り、ウルトラマンは制作費は赤字で、その後のコンテンツライツで回収するビジネスモデル(?)なのですが、子どもはテレビ番組が終わると玩具は買いませんよね。その点、東映は劇場版に前作のヒーローを登場させたり、うまいことやってます。近年のウルトラマンもそれに倣ってやってますが、そういう視点が同族経営時代には欠けていたというよりなかったんですね。

 


 

そしてなんといっても、根幹のコンテンツのマネジメントがデタラメでした。

その代表的な一例が、1976年から20年近く続くタイのチャイヨープロダクションとのウルトラマン著作権訴訟問題です。

詳しくは割愛します(コチラ参照)が、自社の命とも言える著作権を借金返済のために売り飛ばす、その後の対応も杜撰極まるというミステイクでは済まされない行いで、今もってウルトラマンの海外展開は微妙です。

 

つい最近も中国でまがい物のウルトラマンが話題になりましたが、背景にはこのチャイヨープロとの問題が関係していました。この一件を知る人からすると、まさに悪夢のような笑えないニュースでした。

 


 

それ以外にも、TBSと関係が悪化した原因についてはこうあります。

「ウルトラマン80」以降、十数年に渡って国内で新作ウルトラマンを制作できなかったのは、皐社長が「我々の作ったウルトラマンをどうしてくれる!」とTBSの編成局長とケンカして「オマエの作ったウルトラマンじゃないだろ!」と言い返された挙句、TBS役員室に出入り禁止となってしまったから

 


 

また、放漫経営エピソードも満載で、

皐社長時代、経理部の片隅に海外でのウルトラマン放送権収入やグッズ収入の入金記録や領収書を入れるためのダンボール箱があり、社長と担当重役以外はノータッチ。それらはハワイやラスベガスでの経営陣の遊興費に使われた

とかとか…同族経営の中小企業の悪い見本というか、ここまでヒドイのはなかなかお目にかかれません。

 


 

同書のタイトルは「ウルトラマンが泣いている」ですが、一番泣いているのは特撮の神様、創業社長の円谷英二氏と、氏の生み出したウルトラマンを愛するファンではないですかね。

 

実は私は大学卒業の新卒採用活動時に、円谷プロを受けてみようかなぁ、と書類を取り寄せたことがありました。結局、受験しませんでしたが。そしてその後の企業買収先のTYOとも転職活動時にニアミスしていたり、不思議な縁を感じるのです。もし、いずれかに入社していたら、いまごろはどうなっていたんでしょうね。(笑)

 


 

経営母体が変わってからの円谷プロダクションは、プロモーション一つとってもなかなか面白い試みをやっています。

■2005年 バルタン星人が円谷公式サイトを占拠し「バルタンステーション」に改造。 テキストが全てバルタン語に書き換えられる。

■2006年「エムナナハチ」というウルトラシリーズのキャラクターが集うSNS設置。 どうみてもmixiだと話題に。

■2008年「カネゴンの78ちゃんねるまとめブログ」設置。管理人のカネゴンが、光の国の大型掲示板「78ちゃんねる」の良スレを紹介する。

<主なスレ>
・ウルトラマンだけど何か質問ある?
・ヒマだからちょっと地球制服してくる
・ウ→ル→ト→ラ→マ→ンでウルトラの母の秘蔵画像うp
・地球に行くとありがちなこと

■2009年 カネゴン、マグマ星人、ゾフィー、ダークザギ、ゴモラがブログ開設。

<ブログ一覧>
・帰ってきたカネゴンの78ちゃんねるまとめブログ
・マグマ星人の超おもしろブログ
・光の国ではたらく隊長ゾフィーのブログ
・ごもたん☆ぶろぐ

■2010年 円谷ッター(ツブッター tsubutter)

などなど・・・。この熱の入れようには特撮ファンから「そんなヒマあったら新作作れ」と愛ある罵声が浴びせられました。

最近では映画「シンゴジラ」の地上波初放送に合わせてウルトラマンたちがツィッターで暴走したり、ネタには事欠きません。

http://temita.jp/twitter/54524


 

ウルトラマンシリーズも、ここ数年はテレビ東京で数カ月おきに新作が制作され、劇場版も新作が続いています。

たとえ経営母体が変わっても、マーチャンダイジングに振り回されても、根幹である作品のクオリティだけは保って欲しいものです。

 

おしまい

 

<関連記事>

「実相寺昭雄」〜1937-1996 ウルトラマン、セブンの異色作を手がけた奇才

アニソン・特撮主題歌の巨匠③「冬木透」~1935- ロマンティックなウルトラマン楽曲/防衛隊ワンダバの元祖

7月10日はウルトラマンの日~「昭和ウルトラマンシリーズ」SP!1966-1981

「円谷プロダクション」〜ウルトラマンの光と影

来たぞ、我らの ウルトラマン ~お父さんのための「平成ウルトラマンシリーズ」入門(主題歌つき)

 


ID:693


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です