昭和特撮「うしおそうじ氏とピー・プロダクション」~前編 ピープロ作品の魅力


PR


さてさて、本blog「昭和特撮」シリーズではたびたび、ピー・プロダクション作品について取り上げてきました。

・マグマ大使
・スペクトルマン(宇宙猿人ゴリ)
・快傑ライオン丸
・風雲ライオン丸
・鉄人タイガーセブン
・電人ザボーガー
・冒険ロックバット

今回はそのまとめ、として「ピー・プロダクション」と、創始者である「うしおそうじ氏」を取り上げます。

 

うしおそうじ氏は「特撮の神様」円谷英二氏と、「マンガの神様」手塚治虫氏の両氏と交流がある、伝説のクリエイター。そしてピー・プロダクションは言わば「特撮界の国際プロレス」マイナーかつ独特な世界観で魅力溢れる、第3極 制作プロダクションが残した数々の作品は、いまなお根強い人気を集めています。


 

●メインストリームのはざまで

 

日本における「TV特撮」のメインストリームは、現在も続く「ウルトラマン」シリーズの円谷プロと、「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズの東映作品です。

 

当然、この二大巨頭の他にも、特撮マーケットを狙った制作会社はいくつも存在しました。

 

●「月光仮面」「遊星王子」「ジャガーの眼」「快傑ハリマオ」「光速エスパー」の宣弘社

●「流星人間ゾーン」「レインボーマン」「ダイヤモンドアイ」の東宝

●「忍者部隊月光」「コメットさん」「ワイルド7」の国際放映

●「シルバー仮面」「レッドバロン」「マッハバロン」の日本現代企画

●「サンダーマスク」のひろみプロ/東洋エージェンシー(創通)

などなど…

>関連記事「昭和特撮 60~70年代 特撮ヒーロー総まくり」

 

中でも数多くの作品を残し、独特な世界観から今もって多くのフォロワーと熱狂的マニアからの支持を集めるのがこの、ピー・プロダクションなのです。

 


 

●実写+アニメーション

 

ピープロならではの表現技法としては、「実写」+「アニメーション」

  

 

ピー・プロダクションは実写特撮とアニメ制作の両方を行う、まことにめずらしい制作プロダクション。そのバックボーンは、創立者うしおそうじ氏が戦時下の東宝 線画部育ちで、実写と線画アニメーションの経験が豊富であり、戦後は漫画家として活動していた、という点にあり、そこから派生したテクニックです。

 

いまであればCG合成、となるところですが、実写では表現できない部分をアニメーションで行い、実写と合成してまとめる、という高度なワザを「ウルトラマン」より2週間早い、日本初のカラー特撮ヒーロー番組「マグマ大使」(1966 昭和41年)で実現した技術力は特筆すべきポイントです。

 

そして、この技術はすでにマグマ大使より5年前の1961(昭和36)年、大映制作の大作映画「釈迦」で披露されていた、というのもスゴイです。

 


 

●ハード&ダークな世界観

 

もう一つは、ハードな設定とストーリー展開。比較的、近未来の明るい世界を描く円谷プロや、勧善懲悪でド派手な東映作品とは異なり、ピープロ作品は社会の不条理、生々しい人間関係、高度成長期の矛盾などが描かれ、フィルムの質感と共に、なんとも言えない“昭和“の味わいを醸し出します。

 

また、おしなべて低予算でチープな空気が漂い、それがまたB級としてのカルト的、アングラ的評価につながります。

 

そしてそれら魅力の源流は、イコール創業者うしおそうじ氏の魅力、なのです。次回、後編でははうしおそうじ氏の足跡をご紹介します!

 


ID:4306


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です