昭和特撮「ジャイアントロボ」〜1967 東映特撮巨大ロボの始祖


PR


懐かしの昭和特撮シリーズ。今回は1967(昭和42)年にNET で放送された「ジャイアントロボ」「仮面の忍者 赤影」 に続く東映&横山光輝先生の特撮作品です。

「ウルトラセブン」「キャプテンウルトラ」と同時期の作品。この番組も昭和50年代に再放送で観た記憶があります。妙に画質が悪く、暗かった印象があります。

 


 

●東映巨大ロボの元祖

 

「ジャイアントロボ」は、日本の特撮巨大ロボット作品の代表格であると共に、後の東映 巨大ロボット特撮の原点であり、「大鉄人17」「レオパルドン(スパイダーマン)」、スーパーヒーロー戦隊ロボたちの先祖でもある“巨人“です。

 

「ジャイアントロボ」
1967(昭和42)年10月11日〜1968(昭和43)年4月1日
毎週水曜日19:30 – 20:00(〜16話)
毎週月曜日19:30 – 20:00(17話〜)
NET系
全26話

 

ツタンカーメンのようなデザイン、無表情、「ま゛」という声、機械的なムーブ、指からロケット…などなど、実に個性的で魅力的な巨大ロボ。

操縦者が少年なのは「鉄人28号」と同じですが、ジャイアントロボは草間大作少年の命令しか聞かず、リモコンなしの腕時計型というウェアラブル端末での、音声認識。

さらにはざっくりした指示でもきちんと対応するファジー機能付きの高性能な電子頭脳を持ち、

空も飛べてさらには全身に兵器だらけ、という(鉄人28号をさらに進化させた)スーパーロボットです。

 

▲若き日の小林稔侍さんもゲスト出演

 

無機質なロボと少年の交流は当時のちびっこから大変な指示を得て、最終回で地球もろとも自爆を企むギロチン帝王を抱えて宇宙に飛び立ち、大作少年の命令を振り切って爆発するラストシーンは全国のちびっこの涙を誘いました。

 


 

●幻の原作漫画

 

後の「仮面ライダー」「デビルマン」などと同じく、今でいうメディア ミックス形式。

東映 渡邊亮徳氏の企画時のコンセプトは「大魔神+ウルトラマン」。そこで東映は「鉄人28号」の横山光輝先生にテレビ化前提のロボット物の原作を依頼、TV放送に併せて少年サンデーで漫画連載が始まります。

ところが、横山先生は「仮面の忍者赤影」の連載で超多忙。そのため、初期は小澤さとる氏が作画を担当していました(ちなみにこの小澤さとる氏は、後にイマイのプラモデル シリーズ「ロボダッチ」をデザインしたお方です)。しかしその小澤氏も少年サンデーで「青の6号」を連載中で第一部の途中で降板し、その後は光プロの横山先生の弟子が担当することに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横山先生は「漫画版は完成度が低いので、出すなら全部描きなおしたい」と言い、正式な復刻版が出版されたのは横山氏の没後である2000年代半ばと、長らく幻の存在となっていました。

横山光輝先生は「バビル2世」でもご紹介しています

 


 

●勇壮な主題歌

 

「ジャイアントロボ」
作詞:伊上勝/作曲:山下毅雄
歌:マイスタージンガー

歌っているのは「サイボーグ009」「キャプテンウルトラ」「ウルトラ警備隊の歌」などでお馴染みの男性ボーカルグループ、マイスタージンガー。この時代のこの手の楽曲ってなんでこんなに染みるんでしょうか。てか、これはどういうジャンル?

 


 

主題歌の印象もあるのですが、「ジャイアントロボ」はどこか陰のある、重厚なイメージがありました。

着ぐるみもいかにも重厚な巨大なロボ感が溢れています。実際、動きにくくて殺陣は大変だったそうです。

この「ジャイアントロボ」は当時、ブルマァク製のソフビやブリキのおもちゃなどが売れて、商業的にも成功しました。

←顔w

 

後にOVAなど数多くの派生作品が生まれるなど、そのインパクトは大きいものがありました。


ID:4049


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です