昭和特撮「マイティジャック」〜1968 早過ぎた?円谷プロの異色特撮ドラマ


PR


懐かしの昭和特撮シリーズ。今回は、1968(昭和43)年にフジテレビで放送された「マイティジャック」(と、その続編「戦え!マイティジャック 」)をご紹介します。

本作は、円谷プロが“大人向けSF特撮ドラマ“を狙った意欲作。しかしながら結果的に大コケし、円谷プロの経営に大ダメージを与える作品となってしまいました。

 

私の幼少期、他の特撮番組と違いまったく再放送されず、長く“幻の作品”でした。

 


 

「マイティジャック」

1968年(昭和43)年4月6日-6月29日
フジテレビ系
毎週土曜20:00-20:56
制作 円谷プロダクション
フジテレビ
全13話

 


 

●マイティジャックとは?

 

1968(昭和43)年。円谷プロダクションは前年から放送中の「ウルトラセブン」(TBS)に加え、4月からこの「マイティジャック」(フジテレビ)をスタートさせます。TBSは「ウルトラQ」「ウルトラマン」。日本テレビは「快獣ブースカ」。「マグマ大使」のフジテレビとしても、待望の円谷プロ特撮番組でした。

 

コンセプトは「サンダーバード」のメカニック特撮+「007」のスパイアクション。怪獣や宇宙人は登場せず、悪の組織「Q」から世界平和を守る秘密組織「マイティジャック」のメンバーの活躍を描く人間ドラマです。

 

主演に元 日活の大物俳優、二谷英明氏を迎え、制作費も当時としては破格、史上最高額と言われた1000万円を投じた「国産初の1時間枠特撮ドラマ」。ほかキャストには東映の南廣氏(ウルトラセブンで宇宙ステーションにいる、キリヤマ隊長の親友役のあのお方)天野英世氏、二瓶正也氏ら、当時の特撮でおなじみの顔触れが揃いました。


 

●主題歌は冨田勲さん作曲の名曲

音楽担当は、日本におけるシンセサイザー奏者の始祖的存在の冨田勲さん。当時、NHK「新日本紀行」「大河ドラマ」のほか、「ジャングル大帝」「リボンの騎士」「キャプテンウルトラ」など、子ども番組のテーマも手掛けておられました。この主題歌は大海原を連想させる雄大かつロマンティックな名曲です。

 

 


 

●視聴率低迷で打ち切り

 

期待を背負って発進した「マイティジャック」ですが、視聴率が平均8.3%と衝撃的な低迷。全26話の予定が13話で打ち切られました。失敗の原因は…二谷氏がヘルメットとか制服とか着たくないとフジテレビ、円谷プロとモメた、などいろいろと語られていますが…端的に言えば「大人も子供も見なかった」事でしょう。

 

ヒーローはもちろん怪獣や宇宙人がまったく登場せず、大人向けドラマとしてはリアリティが今ひとつ。どっちつかず、となってしまい、土曜夜8時、ドリフターズの「8時だよ全員集合!」の裏としては地味過ぎました。

 


 

●特撮メカニック

 

この番組の見所は「サンダーバード」を意識したメカニック描写。マイティ号は空も飛べる万能戦艦。1963(昭和38)年の東宝映画「海底軍艦」、企画のみに終わった「空飛ぶ戦艦」の流れを組むメカで、「ウルトラセブン」から引き続き、成田亨氏によるハイセンス デザインは今なお、人気を誇ります。

円谷プロの総帥「特撮の神様」円谷英二氏は「大人の鑑賞に耐えうる特撮番組」を目指し、並々ならぬ熱意を傾けて本作用に超高速度撮影可能な映画用35mmミッチェル キャメラを導入。迫力あるマイティ号発進シーンなどで威力を発揮しています。


 

●続編制作の経緯

 

期待作「マイティジャック」はセット、ミニチュアなど初期費用に当初予定の26回分予算をすべて投入してしまっており、打ち切りとなるとフジテレビとしても大赤字必至です。そこで言わば“敗戦処理的処置”として子供向け30分番組に仕切り直し、続行となります。

 

「戦え!マイティジャック」

1968(昭和43)年7月6日 – 12月28日
土曜 19:00 – 19:30
フジテレビ
全26話
制作 円谷プロダクション
フジテレビ

 


 

●作風を変え再スタート

 

タイトルと放送枠を変え、「子供向け30分番組」として再スタートした「戦え!マイティジャック」は、残りの13話を半分の放送時間(30分)では…ということで、計26話が製作、放送されました。

 

また、大幅な設定変更が行われ、オープニングはウルトラ シリーズを思わせる作りに。音楽にも「ウルトラQ」「ウルトラマン」の宮内國郎さんが加わります。

 

レギュラー隊員は11名から5名になり、二谷氏に代わる隊長は前作で副長を務めた南廣氏。新たに後の「ライダーマン」「電人ザボーガー」の山口暁氏らが加わりました。

さらに2クール目からは毎回怪獣が登場する「なんでもぞくぞくシリーズ」に路線変更。

しかし、またしても裏番組が「巨人の星」という…つくづくツイてないですね。

 


 

●「マイティ号を取り返せ!」

 

12話、13話の前後編では「ウルトラセブン」終了直後のモロボシダン役の森次晃嗣氏が謎の風来坊役でゲスト出演。「ウルトラマン」イデ隊員役の二瓶正也氏と“夢の共演”して話題になりました。

また、この前編での悪の組織に奪われたマイティ号による東京のコンビナート攻撃シーン、自衛隊との空中戦、そして911テロを予見したかのような、当時完成したての霞ヶ関ビルへの突入シーンほか、ド迫力の特撮は語り草です。

 

 


 

●その後の評価

 

このように、放送当時は視聴率が低迷してしまった不幸な番組であり、なぜか再放送もなく、長く記憶の中に封印されてしまっていました。

 

しかし当時の技術を集結した特撮はその後の特撮、アニメにも大きな影響を与え、「円谷プロ特撮の最高傑作」と一部で熱狂的な支持を集めています。マイティジャックのマークが円谷プロの社章になっていることでも、その思い入れの強さがわかります(正確にはマイティジャックの方が流用なのだそうですが)。

 

中でも「エヴァンゲリオン」「シン・ゴジラ」監督の庵野秀明氏は熱狂的なマイティジャック マニア。東京都現代美術館で開催された「館長 庵野秀明 特撮博物館」で全長3メートルのマイティ号撮影用モデルを復元して話題になりました。

2000年代からDVD-BOX、HDリマスター化などが続き、再評価の声が高まっています。


ID:4094


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です