60年代の「ハナ肇とクレージーキャッツ」〜②音楽編 抱腹絶倒なコメディソング集


PR


「ハナ肇とクレージーキャッツ」①TV・映画編に続いては、音楽編です!

 

ハナ肇とクレイジーキャッツの大ブレイクは、植木等さんの唄う「スーダラ節」の大ヒットから始まりました。

そこから「ドント節」「五万節」「ハイそれまでヨ」「無責任一代男」と立て続けにヒットを連発。

クレージーキャッツはTVに映画、レコードに舞台、と八面六臂の大活躍で、1960年代に一世を風靡していきました。

 


 

●青島&萩原コンビ+渡辺晋トリオの戦略

 

これらの楽曲は作詞:青島幸男、作/編曲:萩原哲晶コンビと、ゼネラルプロデューサーが渡辺プロダクション創始者、渡邊晋社長が創り上げた世界観でした。

 

青島幸雄さんは、クレージーが出演する月〜金曜の昼の帯番組「おとなの漫画」から構成作家を務める「座付き作家」。青島さん曰く、プロデューサーである渡辺晋さんとの打ち合わせで「実力派ミュージシャンとして良い歌を作るか、割り切って売れる歌を作るか?」と話し合い、「バンバン売れる歌を作りましょう!それも、PTAのおばさまがガタガタ騒ぎ出すような、バカな歌をやりましょう!と決まった」と語っています。


 

●植木等と「スーダラ節」

 

1961年8月20日発売の1stシングル。

 

クレージーキャッツのヒット曲の多くでメインボーカルを務める植木等さんは、真面目な性格で見た目も色男。ジャズギタリストとしても一流でしたが、ステージに登場するだけで「なんとも言えないおかしさ」がありました。真面目なのかふざけているのかわからない、カタブツかと思いきやとんでもなくお調子者で、日本にはこれまでいなかったタイプの、スマートなコメディアンでした。

 

青島・萩原コンビはこのキャラクターを活かし、機嫌が良いときの植木さんの意味不明な口グセ「スイスイスイ」「スンダラダッタ」から「スーダラ節」を生み出します。チンドン屋のような奇想天外な楽曲と、サラリーマンの悲哀を面白おかしく描いた歌詞、「わかっちゃいるけどやめられない」の決めゼリフ。

 

レコーディング時から参加ミュージシャンやスタッフが笑い転げ、録音に苦労する程の“強烈な面白さ”に私は、小学生当時ラジオで初めて聴いて衝撃を受けました(どちらかといえば「ハイそれまでョ」の方が衝撃でしたけど)

 

後にたびたび再評価、CMなどで今だに使われており、発表から50年が経過した現代の若者が聴いてもなんだか笑ってしまう、“普遍的な面白さ“があります。

 

この後の“クレージー時代”は、この楽曲から始まりました。

 


 

●「ドント節/五万節」

 

続く2ndシングルは、植木等が唄う「ドント節」と、ハナ肇、谷啓、植木等とリレー式に唄う「五万節」のカップリングです。

 

「ドント節」

サラリーマンは
気楽な稼業ときたもんだ

 

「五万節」

植木等が唄う3番タクシー運転手、6番ヤクザの大幹部の歌詞にクレームが付き、民放連の自主規制でお蔵入りに。再度レコーディングし直し、翌年の1月20日に再リリースされました。

▼オリジナルバージョン

 


 

● 無責任一代男/ハイそれまでョ」

 

3rdシングルは「無責任一代男/ハイそれまでョ」のカップリング。1962年7月20日に発売されました。

 

「無責任一代男」

おれは この世で一番
無責任と言われた男
ガキの頃から調子よく
楽してもうけるスタイル

人生で大事な事は
タイミングにC調に無責任
とかくこの世は無責任
こつこつやる奴はごくろうさん

 

タモリさんはこの歌詞に衝撃を受け「多大なる影響を受けた」と語っています。

 


 

「ハイそれまでョ」

 

作曲の萩原哲章さんは「植木さんていうのは、もともとマトモな歌を勉強してきて、多少はそういうのもやりたい。でも、それだけでは植木の存在理由がなんにもないので後で崩そう。ドカンと早くなったら面白い、というアイデアが彼のほうから出てきたわけです。僕はそこであえて、当時のフランク永井のヒット曲、吉田正先生のメロディーをモデルにして、とにかく最初は、一見それ風でいこうと。で、突如変わるところは、当時としてはツイストしか考えられなかった」

 


 

● これが男の生きる道/ショボクレ人生

 

1962年12月20日発売の4thシングル。

 

「これが男の生きる道」

ぐちは云うまい こぼすまい
これが男の 生きる道
あゝわびしいナアー

 

「ショボクレ人生」

みっともないから およしなさい
もっとでかい事 なぜ出来ぬ
ショボクレた事 すんなこの野郎

 


 

●「いろいろ節/ホンダラ行進曲」

 

1963年4月20日発売の5thシングル。メインボーカルはハナ肇、植木等、谷啓の3人。

 

「いろいろ節」

いろいろあるよ いろいろね
ハー そんなこたあ どうでもいいじゃねえか

 

「ホンダラ行進曲」

どうせこの世は ホンダラダホイホイ
だからみんなで ホンダラダホイホイ

作詞を担当した青島幸雄さん曰く「実は一番好きな歌」。クレージーマニアで知られる大滝詠一さんも最高傑作に挙げています。

 


 

●「馬鹿は死んでも直らない」

1964年6月20日発売の9thシングル。

 

バカにバカ足しゃバカばかり
バカからバカ引きゃうすらバカ

 


 

●「だまって俺についてこい」

 

1964年11月14日発売の11thシングル。

 

ぜにのないやつぁ 俺んとこへこい
俺もないけど 心配すんな
みろよ 青い空 白い雲
そのうちなんとかなるだろう

 


 

●「植木等」とは何か?

 

こうした名曲の数々で、一躍時代のヒーロー 、国民的人気者になった植木等さん。

小林信彦さんは「植木等とは色悪(歌舞伎の役柄で外見は二枚目で性根は悪人のこと)である」と分析しています。善良な人をいじめる悪人ではなく、アナーキーでパンキッシュな悪役。

しかし、映画でのキャラクターは人気者になるにつれて「無責任な自由人」から「根っから善人のスーパーマン」に変化させられ、当初の色悪-ピカロ(悪漢)としての魅力がなくなってしまいました。

 

しかし、青島幸雄さんの描く楽曲の中の植木等さんはやっぱりどこまでもピカロ(悪漢)。世間の常識や権威を鼻で笑い、無責任で痛快で、それでいて実に哲学的。どの楽曲も、人生の真理とも言える言葉を、徹底してふざけて唄っています。

それが、50年経った今でもなお愛される理由ではないでしょうか。

 

次回からはハナ肇とクレージーキャッツの後継であり弟分、「1970-80年代のザ・ドリフターズ」をご紹介します!


ID:5775


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です