デヴィッド・ボウイ

音楽

「デヴィッド ボウイ」~オリジナルアルバム 28タイトル ランキング~デビュー作から『★(ブラックスター)』まで

久々にデヴィッド・ボウイ ネタです。 米メディア「Consequence Of Sound」が、デヴィッド・ボウイのアルバム・ランキングを公開した。 セルフタイトルのデビュー・アルバム『デヴィッド・ボウイ』から2016年の『...
音楽

「LIVE AID」〜1985 空前絶後のスーパー チャリティ イベント クイーン復活のステージ

今回は、クィーン復活のステージとして有名な、1985年のライブエイドをご紹介します。 1984-1985(昭和59-60)年、英国の「Band Aid」、米国の「USA for Africa 」は一大ムーブメントを世界中に巻き起こしま...
音楽

「Band Aid」と「USA for AFRICA」〜1984-1985 2つのチャリティ ムーブメント

1984年、エチオピアで起こった大飢餓。 この事態に衝撃を受けた英国のミュージシャンが集まり、オールスターのチャリティ プロジェクトが結成されました。 それが、バンド エイド (Band Aid) です。 バン...
音楽

「デヴィッド・ボウイ」⑭最終回~Blackstar そして伝説へ

2016年1月10日、デヴィッド・ボウイが18か月の闘病の末、肝癌により死去したことが公式Facebookで公表されました。 その2日前、69歳の誕生日にニューアルバムをリリースしたばかりでした。 ■★(Blackstar)(201...
音楽

「デヴィッド・ボウイ」⑬~引退?そして復活

この後は、言ってみれば「もうデヴィッド・ボウイだからなんでもあり時代」。文字通りリビング・レジェンドとしての活動を続けます。 ■アワーズ… 'hours...' (1999年) ■ヒーザン  heathen (20...
音楽

「デヴィッド・ボウイ」⑫~Earthring & 中期以降のまとめ

続く97年には、アルバム ■「アースリング」(1997年) を発表します。 当初は前作「アウトサイド」の続編のリリースが予定されていていましたが、「アウトサイド」はコアファンの評価は高かったものの商業的には不振に終...
音楽

「デヴィッド・ボウイ」⑪~Black Tie White Noise / OUTSIDE

ドラマーのヤク中が原因とも言われるバンド「Tin Machine」活動休止後、しばらく沈黙を保っていたボウイは、92年に東アフリカのソマリア人スーパー・モデルであるイマン・アブドゥルマジドと結婚。その翌年、93年に久々のソロアルバムを発表し...
音楽

「デヴィッド・ボウイ」⑩~ Sound + Vision Tour

さてさて、そんなティン・マシーン活動開始時の「過去の曲は今後一切、ライブで演奏する事はない」という宣言は、思わぬ副産物を生みます。それは1990年、バンド活動真っ最中に「ボウイソロ活動の総決算ラスト公演」と銘打たれた「サウンド・アンド・ビジ...
音楽

「デヴィッド・ボウイ」⑨~Tin Machine

1988年、ボウイは突然のソロ終結宣言! そして「今度はバンドで勝負する」として、ロック・バンド「ティン・マシーン」を結成します。 その狙いは明らかに「レッツ・ダンス」から続いたビッグ・セールスとゴージャスなサウンド、というパブ...
音楽

「デヴィッド・ボウイ」⑧~ライブ・エイド

85年のチャリティー・イベント、洋楽全盛時代のオールスター興行、ライヴ・エイドで突然披露されたのが、デヴィッド・ボウイ&ミック・ジャガーによる夢のデュエット「ダンシング・イン・ザ・ストリート」でした。 この超豪華な黄金タッグが...
音楽

「デヴィッド・ボウイ」⑦~レッツ・ダンス

ベルリンでのプログレでミュージシャンとしての高い評価を得たボウイは、 ■ロジャー Lodger (1979年) の後、これまでの総決算的でマニアの評価も高い(私も好きです) ■スケアリー・モンスターズ Scary ...
音楽

「デヴィッド・ボウイ」⑥~前半まとめ&来日公演

<ここまでのまとめ> ★デビュー、フォークから試行錯誤の時代★ 01 デヴィッド・ボウイ  David Bowie(1967年) 02 スペイス・オディティ Space Oddity(1969年) 03 世界を売った...
MIYA TERUをフォローする
タイトルとURLをコピーしました