ワタナベプロダクション

映画

「シャタラー」~1987 日伊合作 吉川晃司 主演映画4作目はイタリア映画

今回は「80年代吉川晃司さんシリーズ」番外編。 日伊合作映画「シャタラー」をご紹介します。 「すかんぴんウォーク」 「ユー・ガッタ・チャンス」 「テイク・イット・イージー」 に続く、吉川晃司さん4作目の...
TV番組

60年代の「ハナ肇とクレージーキャッツ」〜①TV・映画編

日本のTV・芸能史のエポックメイキング「ハナ肇とクレイジー・キャッツ」。 1970年生まれのドリフ世代である私が最初にその存在を知ったのは、小学生時代。ラジオから流れる「スーダラ節」と「ハイそれまでョ」に衝撃を受けました。 ...
音楽

「80年代の吉川晃司」④~1987-88 アイドル卒業・ロックアーティストへの転身

「80年代の吉川晃司」シリーズ④、最終回です。 日増しに活動も音楽性もロックミュージシャン、アーティスト嗜好が抑えきれなくなっており、TV出演も激減。当然、アイドル歌謡フィールドでのレコードセールスも下降線を辿りますが、すべてはナベプ...
音楽

「80年代の吉川晃司」③~1986 自作曲でロック色がさらに加速

今回は「80年代の吉川晃司」シリーズ③ デビュー3年目の1986(昭和61)年編です。 >①1984年編 はコチラ >②1985年編 はコチラ この年は原田真二さん作曲、Saxの音色が印象的な16B...
音楽

「80年代の吉川晃司」②~1985 リゾートからアーバンロックで快進撃~紅白事件!

今回は、80年代の吉川晃司さん その②~1985(昭和60)年編です。 >①1984年編はコチラ ●初の武道館公演、オリコン1位を獲得 デビュー2年目の吉川晃司さんは前年の勢いそのままに、1月に「デビュ...
音楽

「80年代の吉川晃司」①~1984 ニュータイプアイドル鮮烈のデビュー

「主演映画三部作」が先になりましたが、今回から吉川晃司さんのミュージシャンとしての遍歴を、シングル・アルバムのディスコグラフィ、関連する人物、ミュージシャンと共に、時系列でご紹介します。 最近では役者としての注目度が高く、音楽...
MIYA TERUをフォローする
タイトルとURLをコピーしました