高田延彦

プロレス

「高田延彦vsヒクソングレイシー」〜1997.10.11 PRIDE1 “最強”から”A級戦犯”へ

1997(平成9)年10月11日。 「プロレスが死んだ日」であり、後に隆盛を誇る総合格闘技イベント「PRIDEが生まれた日」。 プロレスラー 高田延彦がグレイシー柔術 ヒクソン グレイシーとの戦いに挑み惨敗。「A級戦犯」...
プロレス

「伝説の10.9」~1995 激突!! 新日本プロレス vs UWFインターナショナル 全面戦争

今回は1995年10月9日、東京ドームで行われた「激突!!  新日本プロレス vs UWFインターナショナル  全面戦争」をご紹介します。 武藤敬司が古典的な四の字固めで”最強”高田延彦を下し、超満員のドームに「高田、前田が泣...
書籍

プロレス/書評「完全版 証言UWF 1984-1996」

今回は、2019年11月に宝島社SUGOI文庫から出版された「完全版 証言UWF 1984-1996」をご紹介します(文中敬称略)。 この本は、過去に出版されたUWF関連の3冊を再編集したもの。 巻頭には「高田延彦×武藤...
プロレス

1992年の高田延彦〜vs北尾光司 高田が猪木になった日

元横綱「双羽黒」、元プロレスラー&冒険家の北尾光司さんが亡くなりました。命日の2月10日は東京ドームでプロレス デビューした日。単なる偶然ですが、不思議な因縁を感じます… 今回は、かの有名なUインター高田延彦vs北尾光...
プロレス

「5対5勝ち抜き戦」正規軍 対 維新軍 〜1984 新日本プロレス 猪木-長州

1983年の「4対4綱引きマッチ」に続く軍団全面抗争。 今回は翌1984年4月19日 “戦いのワンダーランド” 蔵前国技館で行われた「5対5勝ち抜き戦」です! 「双方から5人を選抜、柔道方式の勝ち抜き戦を行う」この初の試みは、ま...
プロレス

追悼「ビッグバン・ベイダー」~1987-2018 vsスタンハンセン、髙田延彦との激闘

ビッグバン・ベイダーが亡くなりました。享年63歳・・・。彼は日本マットで誕生し世界で活躍した、”日本マット最後の大物ガイジン レスラー"でした。今回は追悼の意を込めて、私も生観戦したベイダー2つの名勝負、vsスタンハンセン戦とvs高田延彦戦...
プロレス

「UWF」とは何だったのか?~⑧最終回「UWFとは、何だったのか?」

これまで、8回に渡ってリアルタイムに体感した世代が見たUWFを、時系列で第一次から新生、そして分裂後までまとめて来ました。 ~「UWF」とは何だったのか?~ ①佐山引退から第一次UWF ②新日プロUターン/前編 ③新日プロU...
プロレス

「UWF」とは何だったのか?~⑤UWFインターナショナル編

④からの続きです。 松本大会での万歳三唱により、てっきりフロントを一新してUWFは継続するものと思っていましたが、分裂して活動する、という事態となり、何が起きたのかまるで理解できませんでした。 なかでも、前田だけ...
プロレス

「UWF」とは何だったのか?~④新生UWF旗揚げ~崩壊

③からの続きです。 ●新生UWFの誕生 1988年5月、私は浪人中の受験生でした。 実質2年に渡る新日Uターン期を経て、新日を解雇された前田に高田、山崎、安生、宮戸、中野が合流し、後楽園ホールで「新生UWF」として...
プロレス

「UWF」とは何だったのか?~②新日プロUターン/前編

①からの続きです。 ●新日プロUターン UWF勢の新日Uターン(当時の古館アナ調で言えばカンバック・サーモン)は85年の年末。両国国技館の新日プロのリングに上がり、藤原、木戸、高田、山崎らを代表してスーツ姿で挨拶したのは若干26...
MIYA TERUをフォローする
タイトルとURLをコピーしました