「鋼鉄ジーグ」〜1975 イタリアでも大人気!タカラのマグネット ロボ シリーズ(当時もの玩具)


PR


今回は、ポピー超合金ではなくタカラ(現タカラトミー)の商品です。

マグネットギミックが革新的でTVアニメよりも玩具が大ヒットになる、という奇妙な現象を巻き起こした「鋼鉄ジーグ」についてご紹介します。

©TOEI ANIMATION


●TVアニメ「鋼鉄ジーグ」

1975(昭和50)年10月5日〜1976(昭和51)年8月29日
NET(テレビ朝日)系
毎週日曜日18時00分〜18時25分全46話
原作:永井豪・安田達矢とダイナミック企画
製作:東映動画

 

TVアニメは同日放送スタートの「UFOロボ グレンダイザー」を元「ゲッターロボG」スタッフが担当。

こちらの「鋼鉄ジーグ」はそれまで「マジンガーZ」「グレートマジンガー」を担当していたスタッフが手がけた、のだそうです。

 


 

●イタリアで大人気

 

この「鋼鉄ジーグ」は国内放映後に海外へ輸出され、特にイタリアで大人気なことで知られています。

イタリアではマジンガーシリーズ第3弾「UFOロボグレンダイザー」が「UFO Robot Goldrake」のタイトルで1978年に放映され空前の大ヒット。そして翌1979年から放映されたのがこの「鋼鉄ジーグ:Jeeg robot d’acciaio」でした。

 

当時の子供世代が大人になってからもその人気は継続し、

歌詞の半分が「バンバンババン」で有名な日本版主題歌が使われるシュールすぎるルノーのCMや、

https://www.nicovideo.jp/watch/sm1318869

 

なんと2015年には「鋼鉄ジーグ」が物語のモチーフとなる映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(Lo chiamavano Jeeg Robot)』までが公開され、イタリアのアカデミー賞といわれるダヴィッド ディ ドナテッロ賞(2016年)で史上最多16部門ノミネート、史上最多7部門受賞となる大ヒット!

 

根強い人気を物語っています。

偶然でしょうが、ジーグはマジンガーシリーズに比べ、カラーリングがイタリアンですよね。

>海外で人気の昭和 日本アニメ・特撮についてはコチラ

 


 

●大ヒット「マグネモ」規格

玩具を担当したタカラは当時、「鋼鉄ジーグ事業部」を設立(!)”打倒ポピー超合金”の強い意気込みで商品化したのだそうです。

しかしこの事業部…楽しそうですね(笑)

 

「関節部がマグネットでジョイント、永久磁石で脱着・交換できる」というありそうでなかったギミックと、

下半身が馬のケンタウルス状態になる別売りパーツ(パーンサロイド)などのバリエーション展開で大人気でした。

 

砂場で遊ぶと磁力が弱り、腕や脚がポロポロ外れるようになるのがタマニキズでした。

ロボというより人間的なプロポーション、イエロー&グリーンの独特なカラーリングでなんとも独特です。

 


 

●タカラ マグネロボ シリーズ

鋼鉄ジーグの大ヒットを受けて、その後タカラがスポンサードするTVアニメシリーズ&玩具が続々と制作されました。

「ゴワッパー5 ゴーダム」1976

「マグネロボ ガ・キーン」1976

「超人戦隊バラタック」1977

 

いずれも独特かつ斬新なデザイン。なんともいえない魅力がありました。

 

 

【昭和 当時モノ玩具 記事INDEX】

 

ポピー超合金~①「マジンガーZ」1972
ポピー超合金~②ジャンボマシンダー「グレートマジンガー」1974
ポピー超合金~③「勇者ライディーン」1975
ポピー超合金~④「コンバトラーV」1976
ポピー超合金~⑤「UFOロボ グレンダイザー」1976
ポピー超合金~⑥「大空魔竜ガイキング」1976
ポピー超合金~⑦「がんばれ!!ロボコン」1974
ポピー超合金~⑧「ポピニカ」シリーズ!1972
ポピー超合金〜⑨「ゲッターロボ」&「グレートマジンガー」1974
ポピー超合金⑩「大鉄人17」1977

小さな巨人 タカラ ミクロマン①~70年代当時モノ カタログ
小さな巨人 タカラ ミクロマン② 〜70年代当時ものコレクション紹介編

タカラ マグネモ 「鋼鉄ジーグ」1975

「恐竜探険隊ボーンフリー」〜1976 特撮+アニメの円谷プロ異色作


ID:3260


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です