ポピー超合金~④「コンバトラーV」1976(当時もの玩具)


PR


ポピー超合金シリーズ、今回は『コンバトラーV』です!

DX超合金 コンバトラーV 1976年発売 定価1,350円~1,750円


アニメの方は・・・

1976/昭和51年4月17日~1977/昭和52年5月28日
毎週土曜18:00 – 18:30 テレビ朝日系列で全54話放送

『勇者ライディーン』のメインスタッフを招集し、後に「長浜ロマンロボット3部作」と呼ばれる作品群の第1作目。この作品で登場する5人のパイロットたちのキャラ属性(熱血漢、クール、紅一点、幼児、巨漢)は後発作品に強い影響を与え、合体ロボットアニメにおけるパイロットたちのキャラ設定の定型となった。

のだそうです。後にガンダムのキャラデザで時代の寵児となる安彦良和さんによる登場人物、特に紅一点のヒロインは人気がありましたね。


なんといってもこの作品は「アニメ設定通りに合体できるロボット玩具が大ヒット」しました。

それまでのアニメロボ、例えばゲッターロボなどでは作中で行われる3機合体が玩具では再現できずにいました。なので本作品は玩具メーカーのデザインにより、玩具上でも合体・分離が可能な合体ロボを登場させたのが本邦初、画期的だったワケです。(このコンセプトは次作『超電磁マシーン ボルテスV』などはもちろん、後年本作品と同じ時間帯にて放送された「スーパー戦隊シリーズ」にも受け継がれているのだそうで…)

5台のマシンは個別に買うと定価1,350円~1,750円。合体するには5台揃えないといけないので7,900円もかかります。

*後に「コンバインボックス」という5台セット品も販売されますが、それの定価も7,900円・・・オトクじゃないのかよ!

私はこのデッカイ箱は見た記憶がないので、チマチマ個別に揃えたクチです。それでもこのセットを持ってる友達は周囲にはいませんでした。合体すると、実に約30cm、重量は約1.2kgにもなる巨大ロボが完成します。(アニメのエンディング楽曲、身長57m~体重550t~というのも有名ですね)

やはりこの5大合体はインパクトが大で、当時のオトナ達も「これはスゴイ!」とうなっていた記憶があります。


後年、この「コンバトラーV」は何度も「超合金魂」シリーズなどでリメイクされています。

NETでは「40年前のコレジャナイ感を払拭」などと書かれてますが、当時を知るものからしたらいやいや、コンバトラーVは当時、ホントに合体する、珍しく「コレジャナイ感がない超合金」の完成度だったのですよ!(いま見比べるとその差は歴然ですけど・・・)

 

【昭和 当時モノ玩具 記事INDEX】

ポピー超合金~①「マジンガーZ」1972
ポピー超合金~②ジャンボマシンダー「グレートマジンガー」1974
ポピー超合金~③「勇者ライディーン」1975
ポピー超合金~④「コンバトラーV」1976
ポピー超合金~⑤「UFOロボ グレンダイザー」1976
ポピー超合金~⑥「大空魔竜ガイキング」1976
ポピー超合金~⑦「がんばれ!!ロボコン」1974
ポピー超合金~⑧「ポピニカ」シリーズ!1972
ポピー超合金〜⑨「ゲッターロボ」&「グレートマジンガー」1974
ポピー超合金⑩「大鉄人17」1977

小さな巨人 タカラ ミクロマン①~70年代当時モノ カタログ
小さな巨人 タカラ ミクロマン② 〜70年代当時ものコレクション紹介編

タカラ マグネモ 「鋼鉄ジーグ」1975

「恐竜探険隊ボーンフリー」〜1976 特撮+アニメの円谷プロ異色作


ID:175


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です