【YouTube番組】“燃える闘魂” アントニオ猪木 必殺技の変遷 1960-1998 #86

※当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。

ID:13061

“燃える闘魂”アントニオ猪木は、時代や年齢と共に、数々の必殺技を編み出して来ました。

 

プロレスラーが誰しも必殺技を変遷するかといえばそうでもなく、当時は生涯、ずっと同じフィニッシュホールドで貫く選手がほとんどでした。途中から必殺技を「加える」「強化する」ことはあっても「変える」のはごくわずか。その点においても、アントニオ猪木は異色の存在です。

 

そんな猪木の多彩な必殺技を、厳選のビジュアルと共にご堪能ください!

 

*必殺技=「ピンフォールを奪う、ギブアップを奪うフィニッシュホールド」。
*変遷を辿るため、重複があります。
*番組後半は、フィニッシュ以外の「得意技」編です。

 

“燃える闘魂” アントニオ猪木 必殺技の変遷 1960-1998

 

 

▼YouTube「男のロマンLIVE!」Ch登録

男のロマンLIVE!
「男のロマンLIVE!」は、昭和のサブカル(プロレス・音楽・特撮・アニメ etc)の「エポックメーキングな出来事」と「その後に与えた影響」を、解説する番組です。毎週金曜・夜8時更新!・・・を目指していますw 1970~90年代、日本の高度成長~バブル崩壊頃までの時代の事件・思い出を、楽しくご紹介!お気軽にチャンネル登...

 

▼【元記事:男のロマンBlog】

アントニオ猪木 必殺技の歴史

【前編】1960-1979 日本プロレスから新日本プロレス創成期まで
【後編】1980-1998 プロレスブーム全盛期から引退試合まで

 

 

▼【最新情報はTwitterで!】
https://twitter.com/70_80s_blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました