昭和特撮「キャプテンウルトラ」~1967 タケダアワー ウルトラシリーズ第3弾


PR


今回は、2017年に放送50周年を迎えた”日本初のカラー特撮スペースオペラ”「キャプテンウルトラ」です!

「宇宙特撮シリーズ」キャプテンウルトラ
1967(昭和42)年4月16日 – 9月24日
毎週日曜19:00 – 19:30
TBS系
全24話

 

生まれる前の番組ですが、昭和50年代頃はよく再放送やっていた記憶があります。

 


 

●ウルトラシリーズ第3弾

 

「キャプテンウルトラ」は、TBS「ウルトラシリーズ第3弾」、東映が制作した国産初の本格スペースオペラ作品です。

 

1966(昭和41)年、TBS タケダアワーで放映された円谷プロ「空想特撮シリーズ ウルトラQ~ウルトラマン」が高視聴率を獲得、日本全国に爆発的な怪獣ブームを巻き起こします。しかし、スケジュールや予算面で制作が次第に追いつかなくなり、やむなく放送打ち切りに。当然、放送枠を単独スポンサードしていた武田薬品工業とTBSは、シリーズ続行を熱望します。

 

ここに乗じたのが、前年から本格的にテレビ特撮番組への参入を目論んでいた東映。東映の資本提携下にはNET(現 テレビ朝日)がありますが、それ以外の局での番組枠獲得を画策していました。

 

こうして武田薬品、TBS側と東映側の目論見が合致し「円谷プロの次回作準備が整うまでの半年間契約」という条件で、本作がTBS「ウルトラシリーズ第3弾」として制作、放送されることになりました。

 


 

●「宇宙」への憧れ

 

ガガーリンが初の有人宇宙飛行を果たしたのが1961年。米ソ冷戦は宇宙開拓合戦でもありました。本作品はアポロ11号の月面着陸(1969年)の3年前の作品、ということになります。

 

アニメでは「宇宙少年ソラン」「宇宙エース」「遊星少年パピイ」(1965年)、「遊星仮面」(1966年)など宇宙を舞台にしたSF作品が生まれています。その意味で本作は、満を持した実写SFドラマ、と言える存在です。

 


 

●モチーフは「キャプテンフューチャー」

 

企画のきっかけは、東映の渡邊亮徳氏がSFマガジンで小説「キャプテンフューチャー」の記事を読んだこと、と言われます。
「キャプテンフューチャー」は後(1978年)にNHKでアニメ化されたエドモンド ハミルトン作の1940年代 SF小説の古典的作品です。


 

●冨田勲さん作曲の名主題歌

 

警告音的なイントロ、勇壮な男声合唱による主題歌は名曲です。
個人的にはカウントダウンの後のロケットの発射音がトイレの音に聞こえて仕方なかったです。

 


 

●キャスト

 

主演のキャプテンウルトラは日活ニューフェース出身の中田博久氏。悪代官顔です。

相方のロボット「ハック」は当時の「ロボットといえばコレ」的な王道のフォルムですね。

そしてなんといっても相棒の宇宙人、キケロ星人ジョーを若手時代の小林稔侍さんが演じていることが有名です。しかしなんとこのジョー、月刊児童誌でのキャラクター人気投票で子供に不人気との統計が出たため2クール目(12話)で降板となりました。

城野ゆきさん演じるアカネ隊員は大きなお友達にも人気です。

そしてこのバンデル星人のブキミさが魅力!コワい!


 

●高速宇宙艇シュピーゲル号

 

3機が分離合体する宇宙船も人気でした。ネーミングが秀逸ですね(独語で『鏡』)。
合体シーンの特撮が大変で徹夜続きだったそうです。


 

●ウルトラマンには敵わず

 

平均視聴率は25.6%、最高視聴率32.2%(ビデオリサーチ、関東地区)と高視聴率を記録していますが・・・

なにせ前番組が平均36.8%の「ウルトラマン」。スポンサーの武田薬品側からクレームがついて13話以降は怪獣路線に変更されますが、それでも予定された26話を2話前倒しして次作「ウルトラセブン」へ移行されました。

 


ID:3946


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です