「子門真人」〜1971-1993 消えたアニソン界の盟主

※当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。

ID:2040

いまではひとつのジャンル、巨大なマーケットと認知されている「アニソン」。70〜80年代当時は「テレビまんが主題歌」と呼ばれ、オマケのような弱小ジャンルでした。そんな中、今回は水木一郎さん、ささきいさおさんと並ぶビッグ3の1人、子門真人さんについてご紹介します!


 

アニメじゃないのも「アニソン」の違和感問題

 

いきなり余談ですが、私はこの「アニソン」という呼び名には違和感があります。

「アニメ番組の主題歌」なら問題ないのですが、「特撮番組の主題歌」まで「アニソン」と括られるのがオカシイじゃん、という事です。アニメじゃない特撮主題歌もアニメタルとか…。

 

とはいえ、昔も「まんが(=アニメ)」じゃないものまで「テレビまんが」と括られてましたので、何十年も変わってないのですが。ほかに良い呼び方がないんでしょうね。

 


 

●子門真人さん

 

のっけから話が横に逸れましたが、今回の主役は子門真人さんです。

 

そうです、「およげ!たいやきくん」の人、と言わないとわからないかもしれないですね(もはや、それすらもわからないか…)。

70〜80年代、このジャンルの歌い手さんとしては水木一郎さん、子門真人さん、ささきいさおさんが3大メジャー、という印象です。

水木一郎さんは「熱血」、ささきいさおさんは「高貴」なイメージで、子門真人さんはカラッとした「陽性の解放感」というイメージ。

 

残念ながら1993年に引退され、ほかのお2人に比べ、知る人ぞ知る存在になりつつありますが、氏の伸びやかな歌声は、子どもごころに大好きでしたし、忘れられない存在なのです。

 


 

子門真人氏のキャリア

 

1966年

「藤 浩一(ふじ こういち)」の芸名で歌謡曲歌手としてデビュー

シングル盤5枚、ヒットに恵まれずに1年半後に引退

1968年

フジ音楽出版に入社

スタジオヴォーカリスト、アルバイトとしてCMソングを歌う

1971年

ライダー2号登場のタイミングで藤岡弘と交代し『仮面ライダー』主題歌「レッツゴー!! ライダーキック」を歌唱

番組の爆発的な人気とともに130万枚を超える大ヒット

1972年

円谷音楽出版に移籍(社員として)

楽曲管理の総責任者を務めるかたわら、『トリプルファイター』『レッドマン』『ジャンボーグA』『ファイヤーマン』など特撮テレビドラマ主題歌を多数手がける

1975年

『ひらけ!ポンキッキ』内で発表された「およげ!たいやきくん」が大ヒット

オリコンチャートでシングルチャート初登場1位、史上初の11週連続1位を記録

翌1976年には第9回全日本有線放送大賞特別賞、第5回FNS歌謡祭最優秀ヒット賞を受賞し、子門の代表曲となる

続く「ホネホネロック」も大ヒット

80年代に入るとアニメ主題歌の歌唱は減り、音楽プロデューサーとしての活動の傍ら『ひらけ!ポンキッキ』などで子供向けの歌を歌い、

1987年

再びフリーの歌手に転向

1993年

芸能界を引退

 


 

子門真人さんの代表曲

 

アニメ

* 科学忍者隊ガッチャマン
* ゼロテスター
* 空手バカ一代
* 勇者ライディーン
* UFO戦士ダイアポロン

特撮

* 仮面ライダー
* 快傑ライオン丸
* レッドマン
* 人造人間キカイダー(挿入歌)
* アイアンキング
* ジャンボーグA
* ジャンボーグ9
* ファイヤーマン
* 仮面ライダーV3(エンディング)
* キカイダー01
* イナズマン
* 電人ザボーガー
* 仮面ライダーアマゾン
* 仮面ライダーストロンガー(エンディング)
* 恐竜探険隊ボーンフリー
* プロレスの星 アステカイザー
* 猿の軍団

などがあります。

 


 

子門真人さんの特長

 

「複数のレコード会社レーベルと契約していたため、上記以外にも(オリジナルではない)主題歌のカバーバージョンの歌唱を担当していた」のだそうです。

 

子どもの頃から不思議だったのですが、オリジナルは水木一郎さんとか他の歌手だけど、(番組では使われていないのに)子門真人さんバージョンも存在する、のはそれが理由なんですね。

 

もう一つの特長、それは「雄叫び」。曲間に「イヤーォ」とか「ウォー」とか「ライディーン」とか。それらはほぼ、子門真人氏のアドリブと思われます。

 

日本人がこういうことするとダサく恥ずかしくなりがちですが、氏のは絶妙で最初からあったのでは?というくらい違和感がありません、というより、もはや雄叫びがないと違和感を感じるレベルです。

 


 

■印象的な楽曲

 

アニメではなんといっても「ガッチャマン」と「ライディーン」ですね。

 

*科学忍者隊ガッチャマン

「たいやきくん」でないとしたら、子門真人といえばコレ、という楽曲かもしれません。

科学忍者隊ガッチャマン オープニング

 

*勇者ライディーン

水木マジンガーとの対比が印象的です。ライディーンはマジンガーよりもスタイリッシュで、神々しい明るさがあり、子門真人氏がピッタリです。

勇者ライディーン OP STEREO

 


 

さらにアニメよりも作品の多い特撮ではなんといっても

 

*仮面ライダー(レッツゴーライダーキック)

 

でしょうね。ご存知、「仮面ライダー」の初代主題歌…ですが、オンエアでは当初は主役の藤岡弘氏歌唱バージョンが流れていました。藤岡弘氏が怪我のため降板して、2号ライダー登場!から、有名な子門真人氏バージョン(当時は藤浩一名義)に切り替わり、いわば二代目の主題歌でした。

▼藤岡弘さん→子門真人さん主題歌 聴き比べ
https://youtu.be/m8A56QHYJwI

 

また、エンディングの
*仮面ライダーのうた
*ライダーアクション
*ロンリー仮面ライダー
中では、

「ロンリー仮面ライダー」が、マニアの間で名曲とされています。

ロンリー仮面ライダー (Fan MV 2011)

 

*キカイダー01

1作目の「人造人間キカイダー」はヒデ夕樹氏でしたが、続編の「キカイダー01」が子門真人氏。

前作が湿った、暗いトーンなのに対し、01はトランペットの音色にファズギターが印象的で「太陽電池がエネルギー」という、ド派手で明るい作風にピッタリでした。

Kikaida 01 DVD Promotional Video

 

*イナズマン
*イナズマンF

知る人ぞ知るハードコア特撮モノ。これまた電光放射でチョーリキショーライな作風に子門真人のクリアトーン ボーカル&雄叫びがピッタリでした。

Inazuman DVD Promotional Video

 

*アマゾンライダー

のっけから絶叫。こちらもインパクトしかないコンセプト&ルックスのキテレツさに拍車をかける歌い上げっぷりが、子門流でイカしてます。
https://youtu.be/tvGKdbgAuuU

 

*ファイヤーマン

いまひとつマイナーなのですが、私個人的に楽曲のクオリティ的に好きなのがコレ。「地球が地球が大ピンチ、地球を地球を守るのだ」のファイヤーマンです。

ファイヤーマン

 

 


 

▼幻の1989ライブバージョン、18分辺りからの生歌メドレーは必聴です

堀江美都子&子門真人 LIVE(1989)

 

かつての「テレビまんが主題歌」はマイナージャンルでなにかとバカにされる風潮にありましたが、当時の作詞、作曲、編曲家さんたちのプロの仕事はなかなかどうして、聴きどころたっぷりです。

 

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました