ポピー超合金~③「勇者ライディーン」1975(当時もの玩具)


PR


ポピー超合金シリーズ、今回は『勇者ライディーン』です!

DX超合金 勇者ライディーン 1975年発売 定価1,600円

アニメ作品は

1975/昭和50年4月4日~1976/昭和51年3月26日
金曜日19時00分-19時30分にNETテレビ系列で放送

で、なんと『ウルトラマンレオ』の後番組だったそうです。

そうなんだ・・・記憶にない・・・


初期の監督が富野喜幸さん、キャラクターデザインが安彦良和さんと、後の『機動戦士ガンダム』コンビなのも有名ですね。

ちなみに監督が変わったのは番組当初のオカルト路線:当時のユリ・ゲラーブームの影響がブームが終焉してバッシングに変わり路線変更を余儀なくされたため、などと言われてます。これまでの武骨な兵器っぽいロボットに比べ、”ムー帝国の守護神”という設定でフォルムが美しくて、仏像とか神像的な見た目をしてるのが特長です。


この超合金の画期的だったところは、『DX(デラックス)』とついてるように、ロボ状態から”ゴッドバード”という鳥状態に『変形』する、というところにあります。

いまでこそ、ロボットおもちゃは変形したり合体したりが当たり前、ですが、この当時、この変形ギミックは画期的で衝撃でした。

・・・横にしてカバーを閉じて足を上げるだけ、なんですけどね・・・

私はギミックの羽が後ろにくっついてるのが気に入らなくてドライバーで分解したり、その後の『ブラックバージョン』に憧れて自分で黒く塗っちゃったりして、見るも無残な状態なのを保有しています・・・やんなきゃよかったのに。

このライディーンも根強い人気があり、最新の超合金ではこんなことになっています。

すごい(小並感)。

 

【昭和 当時モノ玩具 記事INDEX】

ポピー超合金~①「マジンガーZ」1972
ポピー超合金~②ジャンボマシンダー「グレートマジンガー」1974
ポピー超合金~③「勇者ライディーン」1975
ポピー超合金~④「コンバトラーV」1976
ポピー超合金~⑤「UFOロボ グレンダイザー」1976
ポピー超合金~⑥「大空魔竜ガイキング」1976
ポピー超合金~⑦「がんばれ!!ロボコン」1974
ポピー超合金~⑧「ポピニカ」シリーズ!1972
ポピー超合金〜⑨「ゲッターロボ」&「グレートマジンガー」1974
ポピー超合金⑩「大鉄人17」1977

小さな巨人 タカラ ミクロマン①~70年代当時モノ カタログ
小さな巨人 タカラ ミクロマン② 〜70年代当時ものコレクション紹介編

タカラ マグネモ 「鋼鉄ジーグ」1975

「恐竜探険隊ボーンフリー」〜1976 特撮+アニメの円谷プロ異色作


ID:169


PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です